Column

  1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)
  4. 就職活動におけるTOEIC®の効果
TOEIC対策スクールトライズ、コーチング英会話

就職活動におけるTOEIC®の効果

就職活動では、それまで努力してきたことや取り組み、具体的な資格をアピールすることになります。英語力の証明として一般的に記載されるのがTOEIC®のスコアです。こちらでは、就職活動におけるTOEIC®の効果やスコアをアピールする際の注意点などについてお話しします。

就活で評価されるスコアとは

履歴書の資格欄にTOEIC®のベストスコアを記載している方も多いでしょう。ベストスコアが何点だろうと書くことはできますが、何点程度から就活での評価につながるのでしょうか? スコア帯別の評価についてお話しします。実際の評価は企業ごとに異なりますので、あくまで目安として覚えておいてください。

ESや履歴書に書ける最低ラインは600点以上

英語力のアピールとしてTOEIC®のスコアを書くのであれば、少なくとも600点以上は欲しいところです。一般的な企業でも、新入社員に対してこの程度のスコアが求められています。600点未満であれば記載しても意味がない、もしくは英語が苦手なことにわざわざアピールしてしまう可能性もありますので、記載しないほうがよいかもしれません。

ただし、このスコアはグローバルな事業を行っていない一般的な企業での最低ラインです。グローバルな企業への応募で600点程度のスコアを記載しても、英語力不足と見なされるケースがほとんどでしょう。

700点以上あれば強みとしてアピールできる

600点を履歴書に記載する最低ラインとしてご紹介しました。一方、700点以上のスコアがあれば、現状で持っている英語力が高いことや英語に苦手意識がないことのアピールになります。入社後に実務を通して経験を積んでいくことが条件にはなりますが、将来的には日常的に英語を使う仕事を任される可能性が高いでしょう。

ただし、外国語学部出身の場合やグローバルな企業に応募する場合は、少し物足りないと思われてしまいやすいスコアです。700点に到達しているようであれば英語力の下地は十分といえるので、さらにハイスコアを目指すのもおすすめです。

グローバルな企業への応募であれば800点以上が好ましい

800点以上のスコアを習得していれば、一般的な企業であればほぼ間違いなく高評価されます。また、グローバルな企業で履歴書に書ける最低ラインといえるのも800点程度です。

もちろん、スコアは高ければ高いほど好ましいでしょう。また、TOEIC®以外の資格を取得してアピールしてもかまいません。明確な基準は企業によって異なりますが、社員に英語力を求める企業であれば、応募条件として必要スコアなど記載しているケースが多いでしょう。

TOEIC対策スクールのトライズ、コーチング英会話

いつまでに取得すべき?

就職活動は計画的に進めなければなりません。一方で、TOEIC®の実施日は決まっています。さらに、ハイスコアを取るためには時間をかけた準備が必要です。TOEIC®のスコアを就職活動でアピールしたい場合は、試験準備期間を含めて考え、スケジュールを立てておきましょう。就活用のためにTOEIC®を受ける場合のタイミングについてお話しします。

TOEIC®スコアの有効期限はない

最初に知っておいていただきたいのは、TOEIC®スコアの有効期限です。

スコア認定証の再発行期限が2年間のため、2年間がスコアの有効期限だという声もありますが、これは誤りです。公式にはスコアの有効期限は定められておらず、基本的に一度取得したスコアは永久に有効といえます。過去に取得したハイスコアがあれば、そのスコアを履歴書に記載しても問題はありません。

ただし、他の試験の有効期限にならい、2年以内に取得したスコアの提示を求める企業もあります。また、「2年前に取得した600点」と「半年前に取得した600点」のように同じスコアを違うタイミングで取得していた場合、基本的には現在に近いタイミングで取得したスコアのほうが高く評価されるでしょう。このため、昔にTOEIC®を受験していた場合も、就職活動に際してあらためて受験することをおすすめします。

結果発表までの期間に注意

受験から結果発表までには1カ月程度の期間があります。当然ながら、結果が届くまでは履歴書にスコアを書くことはできません。TOEIC®公式ホームページのスケジュールでは各実施回の結果発送予定日があらかじめ公開されていますので、事前に確認しておきましょう。

TOEIC®のスコアだけでは評価されない?

応募する企業によっては、以下のような理由からTOEIC®のスコアだけでは評価が得られないケースがあります。

受験者が多い

TOEIC®は1979年に開始されて以降徐々に浸透し、2011年には200万人が受験する一般的な英語試験へと成長しています。特に、就職活動でのアピール材料として受験する学生が多いようです。その反面、中途半端なスコアでは同程度の就活生が多く、強力なアピールにはならないという側面もあります。

とりわけ業務に英語が関連する企業には、TOEIC®受験者からの応募が多くなるでしょう。そうしたなかで内定を勝ち取るためには、ハイスコア、またはほかの英語資格で差別化を図らなければなりません。

英語を話せるとは限らない

業界や業種によっては、「英語を話せる人材」を求めているケースがあります。しかし、一般的なTOEIC®テストの領域はListeningとReadingであり、ハイスコアを取得していたとしても「英語を話せる」という証明にはなりません。実際に、英語を話すことができないTOEIC®ハイスコアホルダーはたくさんいます。

TOEIC対策スクールトライズ、コーチング英会話

TOEIC®にプラスアルファで評価アップ

英語力への評価を確実なものにするためには、TOEIC®のスコアにプラスアルファの要素を加えてはいかがでしょうか。評価アップにつながる要素をご紹介します。

留学

英語圏への留学経験があれば、使える英語が身についていること、英語圏に関する文化的な理解があることなどのアピールになります。TOEIC®のハイスコアと合わせれば、就活において大きなアドバンテージになるでしょう。一方で、費用や期間の問題から、経験するのが難しいのも事実です。

TOEIC®S&W

「話す」「書く」といったアウトプットの技能を測定できないのが一般的なTOEIC®テストの懸念点でした。実際にそうした理由からTOEIC®のハイスコアホルダーを評価しない企業も稀にありません。「話す」「書く」といった技能をアピールしたい場合は、「TOEIC®S&W(Speaking & Writing)」を受験するのがおすすめです。

一般的なTOEIC®に対し受験者が少ないため、他の就活生との差別化が図れます。上述した留学に対し、資金面やスケジュール面でのハードルが低いことも魅力といえるでしょう。

***

TOEIC®スコアを就職活動に生かしたい場合は、ひとまず600点以上を目指しましょう。グローバルな企業への応募の場合は600点では十分とはいえません。さらにハイスコアを目指しつつ、場合によってはプラスアルファの評価ポイントをアピールする必要があります。

また、最も重要なのは入社前に英語力ではなく入社してからの努力や取り組みです。英語力をアピールして入社した場合、当然ながらハイレベルな英語を使える人材としての働きぶりが期待されています。実際には、業務や入社後の勉強を通して成長していくことも多いはずですので、入社後もスキルアップを目指しましょう。

関連記事