日本の社会人が英語を話すためには、
なぜ1,000時間が必要なのか?

コーチング英会話「トライズ」日本の社会人が英語を話すためには、なぜ1,000時間が必要なのか?

日本の社会人が英語を話すためには、なぜ1,000時間が必要なのか?

日本の社会人が英語を話せるようになるまでには、1,000時間の学習が必要と言われています。それはなぜでしょうか。

様々な調査結果と、英語コーチングスクール「トライズ」での実績を合わせて、その根拠を探っていきたいと思います。

アメリカの外交官が日本語を話せるまで2,200時間

英語と日本語は、言語としての構造がまったく異なります。
アメリカ国務省付属機関FSIの調査では、アメリカの外交官が日本語を話せるようになるまでには、なんと2,200時間もの学習が必要だとされています。

コーチング英会話「トライズ」アメリカ人が多言語を習得するために必要とする学習時間

これは、外交官という優れた学習者が、専門機関で一流の語学研修を受けた上での結果。つまり2,200時間はほぼ最短の学習時間といえます。

4番目に難しいカテゴリのギリシア語で1,100時間ですから、日本語と英語がどれくらい言語として遠い関係にあるか、お分かりいただけるかと思います。

日本の社会人であれば、あと最短1,000時間

では、日本人の場合はどうでしょうか。
実は日本人が英語を話せるようになるためにも同様の学習時間が必要と言われており、やはり最短で2,200時間の英語学習が求められてしまいます。

学校の英語教育も無駄ではありません

しかし日本人の場合、学校教育などで1,200時間ほどの英語教育を受けています。
あまり英語に触れてこなかった意識の強い方も多いと思いますが、意外にしっかりと英語を勉強してきています。

学校教育や受験では、単語、文法、フレーズなどの基礎力ばかりをトレーニングするため、英語での会話はできない方が多いと思います。しかし基礎力はある程度身についているので、まったく無駄な学習時間ではないのです。

コーチング英会話「トライズ」英語学習の基礎

一流の英語学習を受ければ1,000時間

つまり日本の社会人であれば、英語を話せるようになるまで、あと最短1,000時間学習すればいいということです。

  • 2,200時間-1,200時間=1,000時間

ただしこれは、本当に最短時間。一流の英語学習を受けることが最低条件です。

スポーツも楽器も短時間で習得はできない

どんな技能であっても、短時間で習得できるものはほとんどありません。
スポーツ、ダンス、ゲーム、楽器、絵画、陶芸などなど…これらの技能を上達させるためにはやはりそれなりの時間が必要です。

英語もそれは同じ。短時間・簡単に英語が習得できることを謳う学習法やスクールもありますが、本当に使える英語を身につけたい方は注意してください。

コーチング英会話「トライズ」英会話習得

TOEIC®950点を超える外資系社員は、60%が2,000時間以上英語を学習

外資系企業で英語を使って仕事をしているビジネスパーソンの60.0%が、2,000時間以上学習しているという調査結果もあります。

コーチング英会話「トライズ」外資系企業に勤めるビジネスパーソンの英語学習時間

これは学校での英語教育を除いた学習時間ですので、合計すると3,2000時間以上英語学習をした経験があるということになります。

社会人があと1,000時間で英語が話せるようになるということが、本当に最短の学習時間であることが実感いただけたでしょうか。

日本人の英語習得には2,500時間必要という論文も

同志社大学教授の稲垣 俊史氏の論文では、日本人が英語を習得するためには2,500時間が必要とされています。

    Results indicate that Japanese speakers need around 2,500 hours to attain a high level of English proficiency.

    出典:How Long Does It Take for Japanese Speakers to Learn English?

FSIの調査結果よりも300時間多くなっています。これは調査対象がFSIほど好条件な学習環境ではなかったことが、数字の差となっているものと考えられます。多くの一般的な学習者は、こちらの調査結果の方が当てはまるかもしれません

英会話スクールでは最低23年かかる

多くの英会話スクールでは、1回50分のレッスンを週1回、もしくは週2回行うことが多いです。

1年間学習した場合、総学習時間は以下の通りになります。

  • 週1回:50分×52週=2,600分(約43時間)
  • 週2回:100分×52週=5,200分(約86時間)

つまり、英会話スクールで週1回レッスンを受けた場合、1,000時間を達成するには約23年必要な計算になります

コーチング英会話「トライズ」週次レッスン回数別の1,000時間達成に必要な学習時間

あなたの周囲に、英会話スクールに通っただけで英語がペラペラになった方がいらっしゃるでしょうか。英会話スクールでは、1,000時間を達成するための学習がまったく足りていません。残念ながら、なかなか成果が出ないのも必然的なことなのです。

英語コーチング「トライズ」では、1年で1,000時間学習

英語コーチング「トライズ」では、この問題を解決するため、1日3時間、1年間で1,000時間の英語学習を行っています

1日3時間の学習を1年間継続するのは大変なようにも感じますが、通勤時間やお昼休み、食事、家事などのスキマ時間を活用することで、今の生活を崩さずに学習することが可能になります。実際、受講生の91.7%が学習を達成できています

コーチング英会話「トライズ」スキマ時間で英語学習

なぜ1年なのか

6ヶ月で1,000時間を学習しようとすると、1日約6時間の学習が必要になります。忙しい社会人がこの学習時間を捻出するのはほぼ不可能といえます。

2年ならどうでしょうか。
2年であれば、1日約1.5時間の学習で済むのでかなり現実味があります。しかし2年間もモチベーションを保ち続けるのはかなり困難です。途中で生活や仕事の環境が変わってしまい、とても学習できる状況ではなくなってしまうことも大いに考えられます。

モチベーションを保ちつつ、仕事と学習を両立できるのが1年という学習期間なのです。

実際に英語初心者が、1,000時間で複雑な議論が可能なレベルに到達

英語コーチング「トライズ」では、すべての受講生に英会話テストVERSANTを毎月受験いただいています。 その結果、過去すべての受講生の最大実績として、1年間1,000時間の学習で、英語初心者の方が「英語で複雑な議論ができる」レベルに到達しています。

コーチング英会話「トライズ」トライズ受講生のVersantスコア推移実例 ※到達・レベル達成内容には個人差があります。

1,000時間の学習で英語が話せるようになることが、科学的理論だけではなく、トライズでの実績からも実証されています。

英語コーチング「トライズ」では、今なら無料カウンセリングも受付中。最短の1,000時間で英語が話せるようになるための学習プログラムや、あなたに合った学習方法などを知っていただくことができます。もしご興味がございましたらぜひご参加ください。

まずは無料カウンセリングへ。

トライズの専門家が英語学習のお悩みや目標をヒアリングし、
あなたに合った学習法をご提案します。

無料カウンセリングの流れ

トライズのご検討前に、まずは英語コーチングの専門家の無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

ご入会の検討時にはお申込み方法等もご説明しますが、無理な勧誘はいたしません。
英語コーチングの専門家がご提案する学習法を、今後の英語学習や英会話スクール選びのご参考としてください。

トライズでは様々なコースをご用意していますが、事前にお決めいただく必要はございません。無料カウンセリングで担当者があなたに最適なコースをご提案します。

無料カウンセリングの流れステップ1

01 ご予約

こちら のWEBフォームでセンター/日時をお選び、ご予約ください。
※東京/横浜/大阪/名古屋のスクールもしくはオンラインから選択可能。

無料カウンセリングの流れステップ2

02 ご来訪 or オンライン接続

当日、ご予約のスクールにお越しください。
※オンラインで受ける場合は、ご予約後にメールで送られてくるURLにアクセス。

無料カウンセリングの流れステップ3

03 カウンセリング

英語コーチングの専門家が、あなたの英語学習の悩みや目標をヒアリング。
その結果に基づき、あなたに合った英語学習法 / 教材などをご提案いたします。