挫折を経験したから分かる、嘘のなさ

【コンサルタント・インタビュー】

コンサルタント Seika

<プロフィール>
  • 幼少期に約4年間アメリカで過ごす。
  • 帰国後16年間、英語学習を続け、現在ではTOEIC® L&R Test、Versantで満点を取得。
  • 新卒で日系航空会社に入社 客室乗務員として国内線・国際線で活躍。
  • 英語を習得するまでに、何度も挫折しては乗り越えてきた経験を活かして、トライズのコンサルタントとして勤務。

トライズのコンサルタントSeikaさんにご自身の英語学習の経歴やトライズのプログラムの魅力について伺いました。

コンサルタント自己紹介

今までのキャリアと自己紹介

私は新卒で日系の大手航空会社に入社し、約3年近く国内線と国際線の両方で客室乗務員としてフライトをしてきました。仕事内容としては皆さんご存知の通り、機内サービスの提供や機内安全の維持がほとんどでした。

毎月多くの場所にフライトをし、不定期なスケジュールで仕事をしていたので、体力にはかなりの自信があります。

英語を習得するにあたって苦労した経験、それを乗り越えた方法

私は幼少期に約4年間、アメリカのカリフォルニア州に住んでいました。帰国してからおよそ16年が経ちますが、この16年間、英語学習を根気よく続けてようやく私は今の英語力を手に入れました。

挫折も数多くあり、小中学生の頃の一番の悩みは「アメリカにいる友達よりも圧倒的に英語が喋れない」ということでした。周りと自分の英語力を比べてしまい英語学習が嫌になり、スランプに陥った経験は数え切れません。

でも、結局私は英語が大好きだったので、ネイティヴと同等に喋れるレベルでいたい、英語だけは自分の強みとして持っておきたい、という強い気持ちだけでそれらの挫折を乗り越えられた気がします。

英語に限らず、外国語に苦手意識を持っている方は沢山いらっしゃると思います。TORAIZの一年間のプログラムを通して、その苦手意識を少しずつでも取り除いていくお手伝いをぜひ、私にさせてください。

コンサルタントとしての目標

どのようなコンサルタントになりたいか

「初心を忘れないコンサルタント」でありたいです。

一年間、担当する受講生様としっかり向き合い、共に成長していくためには、驕らぬ謙虚な人間でいることが大切だと思います。

英語を習得する中で自分自身も苦しんだ過去があり、同じような気持ちを抱えている方を支えたいと思ったからこそ、イングリッシュコンサルタントになったのですから、その気持ちを忘れてしまってはいけません。

どんなにコンサルタントとして経験を積んだとしても、決して自分の常識を受講生に押し付けず、共に学ぶ姿勢でいられる、人として優れたコンサルタントになりたいです。

トライズについて

トライズをおすすめする理由

2点あります。

1点目は、様々な形の英語学習をしてきた私だからこそ断言できることなのですが、TORAIZのプログラムは手軽さよりも結果が出ること、英語を話せるようになることにとことん拘った、嘘のないプログラムだと思います。

正直、TORAIZで英語を学習する一年間は楽ではありません。しかし、それくらいの時間を費やさなければ決して英語は話せるようになりません。

そこを乗り越えた先には必ず素晴らしい結果が見えてきますので、騙されたと思って一年間本気で英語学習を継続してみてほしいです。

2点目は、コンサルタントの質です。もちろん能力においても素晴らしいコンサルタントが揃っていることは事実なのですが、私が思うTORAIZのイングリッシュコンサルタントの良さは人柄です。

一年間学習をサポートしてもらうなら、「この人のために頑張ろう」「この人に一年間頼り続けたい」と思えるようなコンサルタントに担当してほしいですよね。TORAIZなら、どのコンサルタントであってもそれを感じていただけるはずです。

ぜひ、TORAIZのコンサルタントとの出会いも楽しみしてほしいと、心から思います。