英語スピーキング能力テストVersantとは?TOEICとの違いを解説

ビジネス英語の能力を測るテストといえば、「TOEIC」が有名です。しかし、TOEICは話す力だけを評価するテストではないため、「TOEICでは高得点が取れるけれど話せない」という人は珍しくありません。純粋に「英語で話す力」を測りたい場合は、「Versant」テストのほうがおすすめといえます。
ここでは、Versantの概要とTOEICとの違いについて、詳しく紹介します。

Versantとは?

Versant(ヴァーサント)とは、ロンドンに本部を置く世界最大規模の教育サービス会社Pearson社が開発した英語リスニング&スピーキングテストです。
その特徴は、日常的に話される口語英語において、聞かれたことに瞬時に返答できるリスニング力やスピーキング力を測るものであること。Pearson社の高度な自動言語認識システムを使って作られているため、日時や場所を問わず簡単に受験でき、短時間で結果を知ることができます。
大手のグローバル企業やアメリカ国防総省、オランダ移民局などの政府機関・団体が、英語力の測定に採用しており、ビジネス英語を測る指標として信頼度の高いテストです。

Versantテストの内容

Versantテストは、アプリまたはウェブで受験することができ、受験料は5,400円程度。試験時間は約17分、問題数は63問で、出題内容は以下のとおりです。
すべて、「ネイティブスピーカーが話す音声(録音)を聞いて、即座に英語で応答する」力を試します。

・音読:8問
・復唱:16問
・質問に答える:24問
・文の構築:10問
・話の要約:3問
・自由回答式質問:2問

Versantテストの回答は、コンピューターの自動採点システムで採点され、数分後には結果を見ることができます。結果は総合スコアと発音、流暢さ、語彙、文章構文の4つの分野別スコアがそれぞれ20~80点で評価され、5ページに及ぶ詳細なレポートが出されます。
レポートには、現在身に付いている英語力の詳細のほか、さらに英語力を伸ばすにはどうすればいいかといったアドバイスが書かれています。

VersantとTOEICの違い

VersantとTOEICは、どちらもビジネスで通じる英語力を測る試験として広く普及しているものです。そのため、試験の性格も似ていると思われがちですが、必ずしもそうではありません。
VersantとTOEICには、次のような違いがあります。

測る能力

TOEICは、広い意味での「英語能力」を測るための試験で、実践的な会話能力だけを測っているわけではありません。そのため、「TOEIC Listening & Reading Test」は、スピーキングが苦手でも高得点を取ることが可能であり、TOEICの点数が高いことは、必ずしも英語でのコミュニケーション力が高いことを意味しません。
Versantは、「聞く→理解する→話す」というプロセスを通して、純粋に実践的なコミュニケーション能力だけを問う試験になっています。点数の高低と英語でのコミュニケーション力の「ある/なし」は、ほぼ一致します。

受験環境

TOEICは、開催される日時が決まっているので、テストを受けるには、あらかじめ希望の日時に申し込み、当日会場まで足を運ぶ必要があります。
Versantは、事前に受験料を振り込みさえすれば、アプリまたはウェブを使って、自分の好きなときに受けられます。

結果が出るまでの長さ

TOEICの結果は10~990点で表され(TOEIC Listening & Reading Testの場合)、結果は試験の約3週間後からウェブ上で見ることができ、30日以内に郵送でも届きます。
スコアシートには項目(対応パート)別に正答率が示され、弱点がわかるようになっているほか、同等程度のスコアを取る平均的な受験者の特徴も書かれています。
Versantは、受験した数分後には、ウェブ上でスコアレポートを見ることができます。

純粋なコミュニケーション能力を測りたいならVersantがおすすめ

TOEICがリーディングやリスニングを通じて英語のコミュニケーション能力を測っているのに対し、Versantはより実践的な「英語で受け答えする能力」だけを問う構成になっています。語彙やリーディングなどを含めた総合的な英語力を測りたいときはTOEIC、純粋な英語でのコミュニケーション能力を測りたいときはVersantと、目的に応じて使い分けるといいでしょう。

特にVersantは、点数アップそのものを目標とするのではなく、定期的に受験して学習成果を測る指標とするのがおすすめです。目安として45点前後あれば、「思っていることのすべてを英語で表せるわけではないが、英語を使ってビジネスは可能。日常生活には困らない」レベルということになります。「英語」ではなく「英会話」の習得を目指すなら、コミュニケーション能力も測れるVersantがおすすめです。

コーチング英会話のトライズでは、Versantを英語力を測る指標として取り入れております。Versantを利用し英語力の伸びを実感しながら英語学習をコーチングしてもらいたいという方はトライズに相談してみてください。



    

英語コーチングにも様々なスクールがあります。英語コーチングを検討してみたい!という方は、Googleマップに各スクールの口コミが掲載されていますので、ぜひご覧になってください。
>> Googleマップで英語コーチングスクールの口コミを見る        



Related Methods 関連する勉強法