ビジネスメールで使いたい!感謝を伝える丁寧なビジネス英語フレーズ【まとめ】

ビジネス英語

ビジネスメールで使いたい!感謝を伝える丁寧なビジネス英語フレーズまとめ

ビジネスシーンの英文メールにおいて感謝の気持ちを英語で伝える場面は連絡に対するお礼や結びなど、非常に多くありますよね。さらに、ビジネスシーン別に最適な英語フレーズを使えるようになると、どんなやりとりもスムーズになるもの。

そこで今回は、ビジネス英語メールにて感謝を伝える際の、丁寧な英文フレーズをご紹介。ぜひさまざまなビジネス英語表現を使い分けて、心地よい関係性へとつなげましょう。

ビジネスでは幅広い英語フレーズを知っておく

まず第一に、感謝を述べる単語は「Thank you」だけではありません。もちろんこれでも良いのですが、英語では同じワードを多用するのを避ける傾向にあります。会話が単調で退屈にならないようにするためです。まずこの項目では、「Thank」以外にも感謝を伝える表現があることを確認しておきましょう。

「Thank」よりも丁寧な表現がある?

「appreciate」は、「Thank」よりも丁寧な表現として使われることが多い英単語です。ビジネスシーンでも使用頻度が高いため、ぜひ覚えておきましょう。

ニュアンスとしては以下のように、その人のしてくれた行為そのものを明確にする役割も持っています。

 

  • 「I appreciate your help.(助けていただきありがとうございます。)」
  • 「I appreciate your quick response.(早いレスポンスをありがとうございます。)」

 

一方「Thank」は後に「 you」が続くように、「人」に感謝する際に使われることが多い英単語です。

恩や感謝を伝えたい時に使える英単語

丁寧に感謝する気持ちを英語で伝えたいときは、「grateful」を使いましょう。「恩を感じている」という意味合いも含まれています。使い方は以下の通り。

 

  • I am grateful for your understanding.(ご理解に感謝致します。)
  • I’m grateful for your guidance.(ご指導ありがとうございます。)

 

形容詞なので、「主語+b動詞+grateful for ~」の形で覚えておくと◎

【基本編】メールでビジネス英語!基本の書き出しや結びの表現をまとめてご紹介

シーン別!感謝を伝える英文フレーズ

シーン別!感謝を伝える英文フレーズ

では早速、シーン別にビジネス英語フレーズを紹介していきます。明日から使えるものばかりなので、そのままはもちろん、アレンジなども加えてぜひ活用してください。

 

お問い合わせをもらった時の英語フレーズ

お客さんや先方から問合せをもらったときは、まずはお礼を述べましょう。丁寧なビジネス対応に見せることができますし、本題へ入る際にもスムーズに進めることができます。

 

  • Thank you very much for inquiring. (お問い合わせありがとうございます。)
  • We appreciate your mail today.(メールをありがとうございます。)
  • Thank you for contacting WW company.(WWカンパニーにお問い合わせいただき、ありがとうございます。)
  • We are grateful to have received your order.(ご注文ありがとうございます。)

 

「Thank you very much for inquiring. 」の「inquiring」は「asking」に変えることもできます。またカスタマーセンターなどで電話を受けた際は「We appreciate your mail today.」の「mail」を「call」に変えてもOKです。

メールに対しての返信や受け答えが来た時の英語フレーズ

メールに対して「お返事ありがとうございます。」「ご連絡ありがとうございます。」と伝えるのは大切な義務のひとつ。しっかり丁寧なビジネス英語フレーズで対応しましょう。

 

  • Thank you for your prompt reply.(迅速な返信ありがとうございます。)
  • I appreciate your quick response.(迅速な返信に感謝致します。)
  • I’m grateful for your response.(ご対応ありがとうございます。)

 

「迅速な返信」というワードの場合、「prompt」や「quick」を使うことができます。基本は「Thank you」で十分ですが、返信する相手によってほかの英単語と使い分けましょう。

会食などに誘われた時の英語フレーズ

会食などに誘われた時の英語フレーズ

いくつかの事業に携わっていると、時に会食やパーティーなどに誘われることもあるでしょう。その際にも参加するかしないかの旨を伝える以前に、感謝を伝えますよね。具体的な場面ごとに、最適なビジネス英語フレーズを知っておきましょう。

 

  • Thank you for inviting me to the party. (お誘いありがとうございます。)
  • appreciate your invitation.(お招きいただきありがとうございます。)
  • I appreciate the invitation to the seminar.(セミナーへお招きいただきありがとうございます。)

 

続けて、都合次第で以下のように伝えます。

 

  • I’m really looking forward to the event.(イベントを楽しみにしております。)
  • Unfortunately, I cannot make it this time.(残念ですが、今回は参加できません。)

何かをしてもらった時の英語フレーズ

先方に何かを依頼して、それが完了したタイミングでメールを入れましょう。この場合は、その人の行為を明確に感謝できる英単語「appreciate」を使ってみるのがおすすめです。

  • I appreciate very much for your kindness.(あなたの優しさに感謝します。)
  • We appreciate your advise.(ご指導ありがとうございます。)
  • We appreciate your help resolving the problem.(問題解決をサポートしてくださり、ありがとうございます。)

 

具体的に英語で感謝を伝えられると嬉しいものですよね。ぜひ積極的に使ってみてください。また、依頼する際に前もって挨拶しておきたい場合は、「Thank you very much in advance.(前もってお礼させていただきます。)」という英会話フレーズもおすすめです。

締めに再度感謝を伝えたい時の英語フレーズ

日本語でも「改めて感謝致します」と、数回お礼を述べるように、英文メールでもこれを活用できます。最後の結びにも便利なビジネス英語フレーズですので、ぜひチェックしておきましょう。

 

  • Thank you again for your help.(重ねて感謝申し上げます)
  • May I again tender my cordial thanks.(改めてお礼申し上げます。)
  • Please let me express my sincere gratitude once again.(改めてお礼申し上げます。)

 

いずれも上品なビジネス英語表現になります。大切な取引先や目上の上司に使うよう意識してみましょう。「help」は「kindness(優しさ)」や「cooperation(協力)」と使い分けることができます。

感謝上手になってビジネス英語メールを円滑に

今回は、ビジネス英語メールで使える感謝を述べるフレーズをご紹介しました。感謝と聞くと「Thank you」がパッと思い浮かびますが、それ以外の英語表現を知っておくことで相手が退屈することなく自然な英文メールを作成できるようになります。

さらに心地よい関係性は、感謝する『ギブの精神』から生まれるもの。ぜひさまざまなビジネス英語表現を使い分けて、円滑なビジネスへと導いてくださいね。

もう悩まない!英文メール書き方のポイントとお役立ちフレーズ【まとめ】

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法