英語でスモールトーク!天気の話などで使えるフレーズをご紹介

あなたは英語でスモールトーク(small talk)をスムーズにすることができますか?スモールトークとは、ちょっとした世間話や雑談のことを指します。

日本語でも上手にスモールトークができると、知り合った人と仲良くなったり、ビジネス上の関係を円滑にできたりしますが、英語では日本語以上にこのスモールトークが大事なんです。

そこで今回は、英会話でのスモールトークについて、ご説明していきます。定番中の定番のテーマで使えるフレーズもご紹介するので、英会話でスモールトークをするときの参考にしてみてくださいね。

 

英語のスモールトークのマナーとは?

日本人と知り合うときや、仲良くなっていくとき、あなたはどんな話をするでしょうか。年齢や交際・結婚ステータスなど、個人的な話をすることもあるでしょう。特に日本人は年齢の話をする人が多いかもしれません。

これは日本では、たとえ多少の年齢差であっても、相手が年上かどうかで接し方や言葉遣いを変える習慣があるために起こることですから、日本では受け入れてもらえるでしょう。

しかし英語でスモールトークをする場合、最初からプライベートなことを聞くのは、場合によっては失礼に当たります。特に日常会話でもビジネス英語でも、年齢を聞くことはあまりありません

 

では、英語ではどんなテーマでスモールトークをすれば良いのでしょうか。

一番トラブルにならないのは、プライベートや個人的なことがほとんど関係ない話です。たとえば、天気の話は英語のスモールトークの鉄板ネタです。バス停で待っているときに知らない人が天気の話をしてきたりもしますし、ビジネスシーンでも天気の話はよくします。

そのほかには、たとえば相手が身につけているものをさりげなく褒めたりするのも、好まれます。相手と友人というほど仲良しではないものの、顔見知りなら、今日どんな日を過ごしたかや、週末・休暇の予定なんて話もいいですね。

ちなみにプライベートなことでも、家族構成や趣味などについて軽く聞くのはOKです。政治的・宗教的なことが全く関係しない、誰もが知っているニュースやドラマについての話なんかも、大丈夫ですが、線引きが難しいので、自分からは話を振らない方が良いかもしれません

今回は、そんなスモールトークの定番テーマの中から、誰にとっても安全な「天気の話」と「今日の話」の2つに絞って、使えるフレーズをご紹介します。

 

スモールトーク:天気の話で使えるフレーズ

英語のスモールトークで、一番定番のテーマは天気の話です。良い天気でも悪い天気でも、天気についてはコメントしやすいですよね。

天気についてのスモールトークは、日常生活でもビジネスシーンでも、そして全く知らない人相手でも気軽に振れるテーマですから、会話のシミュレーションをして練習しておくと良いですよ。

ここではいくつか天気についての使えるフレーズをご紹介します。

 

天気が良い日:

  • It’s great weather today, isn’t it?

(今日は良い天気ですね。)

  • We have lovely weather today.

(今日は良い天気ですね。)

  • It’s sunny day today.

(晴れていますね。)

  • It’s a beautiful day, isn’t it? The sun is shining.

(今日は素晴らしい日ですね。太陽が輝いています。)

こうしたフレーズから始めて、どんな天気が好きか、こんな天気の日には何をしたいか、最近の天気はどうだったのか……などと会話を拡げていきます

たとえば、天気が良くてピクニックをしたい気分なら「It’s a great day for picnic.(ピクニックに良い日ですね。)」などと言えますね。

この辺りは定番フレーズというものはありませんから、会話の流れに合わせて、天気の話を膨らませていきましょう

 

天気が悪い日:

  • Sadly, the weather is gloomy today.

(悲しいことに、今日は天気がどんよりしていますね。)

  • It’s raining so hard!

(すごく雨が降っていますね。)

  • Lately, it’s been really cloudy everyday.

(最近毎日曇っていますね。)

  • It looks like rain.

(雨が降りそうですね。)

  • I hope the rain will stop soon.

(早く雨が止むといいのですが。)

天気が良い日よりも悪い日の方が、会話を拡げやすいかもしれません。たとえば、雨が降り出しそうなら「傘持ってきた?」なんて質問ができますし、天気が悪いことに一緒に残念がってもいいでしょう

 

気温に関するコメント:

  • It’s really hot today! / It’s really cold today!

(今日は本当に暑い日ですね!/今日は本当に寒い日ですね!)

  • It’s a bit chilly outside.

(外は少し肌寒いですよ。)

  • It’s windy today.

(今日は風が強いです。)

  • It’s really humid here.

(ここは本当に湿度が高いです。)

  • I prefer hot weather.

(私は暑い天候の方が好きです。)

  • It’s been getting warmer recently.

(最近暖かくなってきましたね。)

  • I miss summer.

(夏が恋しいです。)

天気が良いか悪いかよりも、気温などに関する話の方がしやすいかもしれませんね。気候についての好き嫌いの話ができますし、暑くて汗をかいているだとか、寒いからマフラーが必要だとか、そういうこともコメントしやすいでしょう。

 

スモールトーク:今日の話で使えるフレーズ

あまり親しくない人とのスモールトークを始める場合、天気の話から入るのがおすすめです。しかしそれだけでは会話が持たないこともあるでしょう。また状況によっては、天気の話が適していないこともあるはずです。

そんな時は、今日のことを聞いてみてはどうでしょうか。あまりプライベートなことに突っ込みすぎず、軽く聞くのがコツですよ。

こちらについては、会話例をみてみましょう。この会話例で使われているフレーズは全て使えるフレーズですから、ぜひ覚えてみてくださいね。

 

今日どんな日だったかを聞く:

  • A: Hi, how are you doing? How was your day?
  • B: Hey, I’m doing well. It was a great day today.
  • A: Was it? What happened?

(和訳)

  • A: やあ、元気?今日はどうだった?
  • B: やあ、元気だよ。今日はとても良い日だったんだ。
  • A: そうなの?何があったの?

 

上記の例では良い日と言っていますが、実際の会話では、忙しい日と言ったり、普通の日だったと言ったりもします。また、「あなたはどうだった?」と質問で返される場合もあります

どちらかというと日常会話で出てくるスモールトークですが、仕事でも同僚など顔見知り相手なら、よく使います。

 

仕事の後の予定を聞く:

  • A: The day is almost over!
  • B: Yeah, it was a busy day, wasn’t it?
  • A: Indeed. What are you doing after work?
  • B: I’ll go straight back home. I can’t wait to take a nice shower!

(和訳)

  • A: もうすぐ一日が終わるね!
  • B: うん、忙しい一日だったね。
  • A: 確かに。仕事の後は何をするの?
  • B: まっすぐ家に帰るよ。良いシャワーを浴びるのが待ちきれない!

 

和訳はカジュアルな日本語になっていますが、英語版はビジネスシーンでも顔見知りになら使えるレベルの表現です。

ちなみに仕事の後に何も予定がないと言われて、「じゃあ一杯どう?」なんてこともありますよ。

まとめ

今回は英語でのスモールトークや使えるフレーズについてご紹介しましたが、上手にスモールトークはできそうでしょうか。

英会話では、日常会話だけではなくビジネス英語でもとても重要になるスモールトーク
ビジネス英会話はもちろんスモールトークも上手くなりたいという方は、専属のネイティブコーチがつくコーチング英会話トライズの無料カウンセリングでぜひご相談ください。



Related Methods 関連する勉強法