英語コーチングとは?メリット・デメリットを解説

ビジネス英語

英語コーチングとは?メリット・デメリットを解説

最近特に注目を集めている英語学習方法が、英語コーチングです。しかし「英語コーチング」という言葉は聞いたことがあっても、具体的にどういう方法で英語を学ぶのかは理解していない方も多いのではないでしょうか。

 

そこで本記事では、

  • 英語コーチングとは?
  • 英語コーチングのメリット・デメリット

というテーマで解説します。

 

英語コーチングについて詳しく知りたい方、英語を習得したい方は、ぜひ記事を最後までチェックしてみてください。

英語コーチングとは?

英語コーチングとは、英語学習にコーチングを用いることで、英語学習の目標を達成に導く、英語学習方法です。

 

英語学習のプロであるコーチが、あなたに専属で付き、学習をサポートします。コーチは主に、英会話レッスン以外の時間の学習のサポートを行います。具体的にコーチングで行う内容は以下の通りです。

 

  • 日々の学習状況の報告
  • 学習カリキュラム・教材の提案
  • 学習時間確保方法の提案
  • 学習方法の提案

 

主に以上のようなサポートを行い、一人で行うことが難しい自宅学習を徹底サポートします。英語コーチングスクールには、コーチング以外に英会話レッスンがついていることも多いです。コーチングでインプット、英会話レッスンでアウトプットのサポートをします。

英語コーチングのメリット

英語コーチングのメリット

英語コーチングのメリットは大きく3つあります。

効率的な学習ができる

英語コーチングを受講すれば、効率的に学習ができます。英語の学習方法は多岐に渡ります。その中から自分にぴったりの学習方法を見つけ出さなければなりません。誤った学習方法を選択してしまうと、学習効率が悪くなり、英語の習得が遅くなってしまいます。

 

例えば、効率的な学習方法としてよく挙げられるシャドーイングやディクテーションといった学習方法がありますよね。

 

しかし自分に適した学習方法を自分で探し出すのは簡単なことではありません。英語コーチングでは、コーチがあなたに適した学習方法や教材を提案してくれます。

関連記事:英語コーチングはオンラインでも効果ある?メリット・注意点を解説

継続して学習ができる

英語コーチングを受講すれば、継続して学習ができます。英語を習得するには、継続的な学習が必要です。やる気がでた1日だけ6時間勉強するのではなく、毎日1時間や2時間の、継続的な学習の方が大切です。

 

しかし独学だと、やるやらないを決めるのは自分だけなので、ついつい甘えてしまいます。「今日は仕事が疲れたから」「今日はなんだかやる気が出ないから」と継続を断念してしまいます。

 

しかし英語コーチングでは、コーチに毎日の課題を決めてもらえますし、日々の学習の進捗をコーチに報告しなければなりません。課題量を多く設定しすぎると、仮にこなせたとしても途中で力尽きてしまい、三日坊主になってしまいます。しかしコーチが継続できるレベルの課題を課してくれるので安心です。

 

また基本的にはチャット機能で、コーチに日々の学習状況を報告します。報告をサボったからといって、学校の先生のように怒られることはありません。しかし、「コーチに報告しなければ」というある種の強制力が働くことによって、継続的な学習が可能になります。

一生ものの独学力が身につく

英語コーチングのメリット

英語コーチングを受講すると、一生ものの独学力が身につきます。英語コーチングでは、主に独学のサポートを行います。数ヶ月から1年にかけて英語コーチングを受講すると、「どのように独学をすれば成果がでるのか」がわかります。

 

これまで特に計画も立てずに、ただがむしゃらに独学をしていた方も多いのではないでしょうか。

 

英語コーチングを受講すれば、

  • 学習時間の確保方法
  • 記憶として定着させるための学習方法
  • 学習計画の立て方
  • モチベーションの保ち方

などがわかるようになります。

 

そしてこれらは、今後の人生で英語以外のことを学習する時にも必ず役立ちます。その時はコーチングに頼らずに、自走して学習ができるようになっています。

 

独学の方法については、一度身につけてしまえば、一生役に立つので、今後いろいろなことを学んで習得したい方にこそ、英語コーチングはおすすめのサービスです。

関連記事:【徹底比較】英語コーチングと英会話スクールの違いとは?コーチング英会話「TORAIZ(トライズ)」の学習法とネイティブ英会話レッスンの効果を解説!

英語コーチングのデメリット

英語コーチングのデメリット

英語コーチングのデメリットは、以下の2つです。

費用は他の英語学習形式と比べると高い

英語コーチングの費用は、英会話教室やオンライン英会話スクールと比べると高くなってしまいます。なぜなら通常の英会話レッスンに加えて、コーチングの費用が発生してしまうからです。

 

関連記事:英会話教室にはどんな種類がある?それぞれの特徴を解説

関連記事:英会話教室にはどんな種類がある?それぞれの特徴を解説

 

しかしコーチングがあることによって、カリキュラムの期間内で、高い確率で成果を出すことができる、目標を達成することができます。

 

英会話教室やオンライン英会話スクールに通ってレッスンを受けても、自宅で全く学習をしなければ、いつまでたっても成果を出すことはできません。確かに料金を安く済ませることも大切かもしれませんが、時間についても料金と同様に考える必要があります。

今話題の英語コーチングの効果とは?英会話スクールとの違いを徹底比較・解説!

英語への最大限のコミットが求められる

英語コーチングでは、自宅学習のサポートも行い、決められた期間で結果を出すためのサポートをします。英会話スクールやオンライン英会話では主にレッスン内でのサポートがメインですが、英語コーチングはレッスン以外のサポートがメインです。

 

よって、英語学習への最大限のコミットが求められます。コーチは、無理ないレベルで学習の提案を行いますが、それらは決して楽なものではありません。時には趣味の時間を削らなければならないこともあるでしょう。

 

しかしその分圧倒的な高確率で結果を出すことができるので、本気で英語習得を目指したい方にはおすすめです。

英語コーチングならトライズがおすすめ

英語コーチングならトライズがおすすめ

本気で英語習得を目指したい方には、英語コーチングスクール「トライズ」がおすすめです。トライズでは1年間みっちり英語コーチングを行い、1000時間の学習時間を確保します。

 

1000時間の学習時間の中で、英語の基礎単語3,000語を覚えたり、英会話のマンツーマンレッスンやグループレッスンを受講しながらコーチングを受けます。

 

1年間かけて1000時間の学習時間を確保する英語コーチングスクールは、トライズしかありません。英語コーチングスクールのほとんどは、2ヶ月や3ヶ月の短期間のカリキュラムばかりです。

トライズでは、1日平均3時間の学習時間を確保します。「1日3時間なんてできるはずがない」という方も多いと思います。確かにその通りです。しかしトライズでは、1週間のうち1日を予備日として設定しており、1週間の中で予定がずれてしまった部分は、予備日で調整できるようになっています。

 

英語学習に1000時間必要な理由については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

「コーチング英会話トライズ」では、無料カウンセリングも行っているので、興味がある方は是非お試しください。

まとめ

英語コーチングスクールの概要、メリット・デメリットについてまとめました。英語コーチングスクールを受講すれば、カリキュラムで定められた期間内で成果を出すことができます。

また英語コーチングを受けた後も、自走して学習を継続できる力が身につきます。英語の習得を目指している方は、是非受講を検討してみてください。

コーチング英会話のTORAIZ(トライズ)

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法