英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき3つの理由【英会話教室と比較】

ビジネス英語

英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき3つの理由【英会話教室と比較】

英語初心者がまず悩むのが、英語の学習方法です。独学で勉強できるのか、スクールに通うべきなのか、悩みますよね。そこでおすすめなのが英語コーチングスクールです。英語コーチングスクールでは、英会話レッスンに加えて、コーチによる自宅学習のサポートも受けられるので、特に英語初心者にはおすすめです。

本記事では、以下の内容について解説します。

  • 英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき3つの理由
  • 英会話スクールやオンライン英会話はダメ?

これから英語学習を始めるようと考えている方、必見です。

英語初心者は英語コーチングで英語を習得している

英語初心者は英語コーチングで英語を習得している

多くの英語初心者は、英語コーチングに対して「英語がある程度できる人が通うもの」「英語初心者の私にはまだ早い」と考えます。しかし英語コーチングは、英語初心者にこそおすすめのサービスです。

英語コーチングでは、英会話レッスンだけでなく、英語の学習方法や毎日どのくらい学習すれば良いのかまで学びます。つまり何から始めていいか分からない英語初心者が学べることは多いです。

英語のコーチング以外にも、様々な場面でコーチングは行われています。その中でも筋トレやゴルフに関するコーチングは有名ですよね。例えば筋トレや減量に関するコーチングでは、ある程度筋肉や減量に対して知識がある方ではなく、全く知識がなくどうしたら良いか分からない方がサービスを受講しているはずです。英語コーチングも同じです。初心者でまっさらな状態のうちに、正しい学習方法を学び、正しい学習習慣を身に付けることが大切です。

英語初心者でも、長期間しっかりと英語コーチングのサービスを受ければ、英会話習得が可能です。

英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき3つの理由

英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき3つの理由

英語初心者こそ英語コーチングを受けるべき理由は3つあります。

  • 英語初心者は正しい学習方法を知らないから
  • 英語初心者は無理に学習時間を増やしてしまうから
  • 英語初心者が英語力の伸びを実感するまでには時間がかかるから

英語初心者は正しい学習方法を知らないから

1つ目の理由は、英語初心者は正しい学習方法を知らないからです。英語学習において最も大切なことは正しい学習方法で英語学習をすることです。しかし英語初心者は、どのような学習方法があるのか、自分にはどの学習方法が向いているのかが分かりません。

例えば、シャドーイングやディクテーションと聞いて、どのような学習方法かすぐに浮かんでこないようであれば、英語の学習方法に詳しいとは言えません。

自分に合っていない学習方法で、英語学習をしてしまうと、思うように結果が出ず、途中で挫折してしまう原因になります。しかし英語コーチングを受ければ、英語のプロであるコーチに、どのような学習方法があるのか、自分にはどの学習方法が合っているのかを教えてもらえます

英語コーチングを受けて正しい学習方法で英語学習を続けていけば、必ず目に見える成果が出て、英語学習のモチベーションにもなります。何も知らない状態で、闇雲に学習したり、参考書を購入して勉強するのは非効率です。ただでさえ、英語初心者が英語力を身に付けるには時間がかかります。コーチに正しい学習方法を教えてもらうことで、最短距離での英語習得を目指しましょう。

忙しい社会人がやるべき”短期で英語が話せる”勉強法とは?|トライズ

英語初心者は無理に学習時間を増やしてしまうから

英語初心者が英語学習を始めたてのときは、ついつい張り切って、学習時間を無理に増やしてしまいがちです。これまで全く勉強していなかったにもかかわらず、1日4時間や5時間の学習スケジュールを立ててしまう方も少なくありません。確かに時間だけを見て考えれば、帰宅してから寝るまでに4〜5時間の学習時間を確保することは可能かもしれません。

最初の数日、数週間は4〜5時間のスケジュール通りに学習できるかもしれません。しかし数週間立つとほとんどの方が挫折してしまいます。
英語学習の学習スケジュールの立て方で大切なのは、無理をしすぎずに継続できる体制を整えることです。無理をして数週間で勉強をやめてしまうよりも、短い時間でもコツコツと長期間勉強をした方が、トータルの学習時間は長くなります。また帰宅してから寝るまでだけで英語学習をしようとするのは無理があります。

英語コーチングでは、学習スケジュールの立て方、どの時間を英語学習時間に充てれば良いのかを学べます。英語コーチングでは、スクールにもよりますが1日3時間の学習時間確保を目標にしているスクールが多いです。それも帰宅してから寝るまでの時間だけで3時間確保するのではなく、通勤電車や会社の休憩時間などのスキマ時間を活用しての3時間です。

英語コーチングを受ければ、無理をして挫折してしまう心配はなく、計画的に学習を進めることができます。

英語初心者が英語力の伸びを実感するまでには時間がかかるから

英語を1度も学んだことがない日本人が、ゼロから英語を習得するには、2200時間必要と言われています。しかし日本人が学校教育で約1200時間英語を学んでいます。つまり学校を卒業してから一度も英語を学んだことがない人が英語を習得するには1000時間の学習時間が必要です。

英語初心者が英語学習を始めても、英語力の伸びを実感するまでには長い時間がかかります。もちろん1000時間の学習時間を達成するまでに一度も伸びを実感できないわけではありません。しかし特に最初はなかなか伸びを実感できず、「このまま頑張っても英語は身につかないかも」と不安になるものです。そしてこの最初の期間に英語学習を挫折してしまう方が多いのも事実です。

しかし英語コーチングでは、コーチがモチベーションが下がらないようにサポートしてくれます。また英語コーチングスクールでは、毎月Versantを受験したり、レベルチェックテストをしたりなど、自分の英語力の伸びを実感できる機会が設けられています。

関連記事:英語コーチングとは?メリット・デメリットを解説 

英会話スクールやオンライン英会話はダメ?

英会話スクールやオンライン英会話はダメ?

英語コーチングスクールとよく比較されるのが、英会話スクールやオンライン英会話です。英語コーチングスクールとこれら2つの違いは、コーチングの有無です。英会話は、英語コーチングや英会話スクール、オンライン英会話でも学べますが、コーチングを受けられるのは英語コーチングスクールだけです。

英会話スクールやオンライン英会話は独学力がある方におすすめ

英語初心者におすすめなのは、英語コーチングスクールです。ただし独学力がある方は、英会話スクールやオンライン英会話でも良いでしょう。英会話スクールやオンライン英会話では、英会話レッスンは受講できますが、レッスン以外の時間でどのように英語学習をするかは自分次第です。当然、レッスン以外の時間に全く勉強をしなかったり、間違った方法で勉強をしたりしてしまっては、英語力は上がりません。

これまでに独学で難関資格を取得した経験がある、独学でも挫折することなく長期間継続的に学習できるという方は、英会話スクールやオンライン英会話でも良いですが、それ以外の方には、英語コーチングスクールがおすすめです。

オンライン英会話は効果ある?メリットとデメリットまとめ

英語コーチングスクールなら「トライズ」がおすすめ

英語コーチングのTORAIZ(トライズ)

英語コーチングスクールなら「トライズ」がおすすめです。英語コーチングスクールには、2〜3ヶ月程度の短期間のカリキュラムが多い中、トライズでは1年間で1000時間の学習時間の確保をカリキュラムに設定しています。記事内で英語習得には1000時間が必要だと解説しましたが、1000時間の学習をフルでサポートできるのはトライズだけです。
トライズで英語を学べば、1年後には英語を使って仕事や趣味など、不自由なくこなせるようになります。トライズでは無料カウンセリングも実施しています。興味がある方はぜひ参加してみてください。

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法