忙しい社会人でも”1年で英語が話せる”英語勉強法

コーチング英会話のTORAIZ(トライズ)

海外での活躍も視野に入れた意識の高いビジネスパーソンにとっては、会議や商談で使う英語をマスターしておきたいところ。しかし、多忙な毎日では、英語の学習時間を確保することは難しいですよね。そんな方に最適なのが、コーチング英会話のトライズ。トライズの英語勉強法なら、忙しい社会人でも1年でビジネスに使える英会話をマスターできます。
では、社会人に合った英語勉強法とは、いったいどのようなものなのでしょうか。今回は、トライズが実践する言語学・心理学などの研究に基づいた、英語学習のポイントをご紹介します。

どのくらいの学習時間が必要なのか?

まず、一般的な日本人が英語を習得するためには、どのくらいの時間が必要なのでしょうか。仮に、ネイティブのように流暢ではなくても、ビジネスの場で伝えたいことは伝えられるレベルに到達することを前提に見ていきましょう。

英語習得に必要な勉強時間は2,200時間

アメリカ国務省付属の外国語研修機関であるFSI(Foreign Service Institute)の調査結果によると、英語を話す人間が、日本語を習得するには2,200時間の勉強が必要だとされています。ですから、反対に日本語話者が英語を習得する場合も同様に、2,200時間の勉強が必要と考えられています。

かなり長い時間に感じますが、これ以上、勉強時間を短縮するのは難しいです。というのも、これはアメリカの外交官になれるほど優秀な人物が、政府公認の言語トレーニングを受けての数字です。一般的な能力の方であれば、勉強時間を短縮するのは、不可能ではないにしても相当難しいのではないでしょうか。
そこで、「効率的に勉強しても2,200時間必要だ」ということを前提として、どうやってこれだけの勉強時間を確保するのかが、次の課題となるわけです。

隙間時間を活かせば1日3時間の勉強は可能

2,200時間はかなり長い時間ですが、中学・高校での英語の授業で行った勉強時間を引くことができます。中学・高校での平均的な英語勉強時間が約1,200時間といわれており、必要な勉強時間は、最短でも残り1,000時間となります。つまり、1年間での英語習得を目指すなら、1日3時間を英語の勉強にあてればいいのです。

 

ですが、学生時代ならともかく、社会人ともなれば、1年間、毎日3時間の勉強時間を確保するのは、相当たいへんなことでしょう。ただ、絶対に無理な条件ではありません。一度にまとまった時間を3時間確保するのではなく、隙間時間をうまく活用すれば、意外に取れてしまう時間でもあります。

例えば、1時間以上かけて通勤している方なら、行きに1時間、帰りに1時間で合計2時間確保できます。そこに、昼休みに30分、出勤前に自宅で30分の時間を確保できれば、計3時間になります。

TORAIZ(トライズ)時間管理

 

学習時間を1日3時間確保するためのスケジュールイメージ

 

ほかにも、お風呂場専用の本を買って入浴中に勉強したり、歯磨き中に鏡に貼った単語を覚えたりといった工夫をすることもできるでしょう。
このように、ちょっとした隙間時間をうまく活用することは、社会人の英語勉強において大事なポイントです。

細切れ時間に勉強したほうが記憶に残りやすい

隙間時間しか使えず、まとまった時間が取れないと学習効率が悪そうに感じる方もいるでしょう。しかし、効率を考えるなら、むしろ短い時間を活用して勉強したほうがいいのです。

その理由は、心理学用語で「初頭効果」「終末効果」という現象で、簡単にいえば「最初と最後に勉強したものは、印象が強いので覚えやすい」ということ。つまり、続けて1時間、2時間と勉強しても、中だるみの時間がすごく長く、「集中していたのは最初の1分と最後の1、2分だけ」ということもありうるのです。
反対に、隙間時間での勉強は、全体の時間が短い分、中だるみする時間も短く、最初と最後の集中タイムが頻繁に訪れるので効率がいいともいえます。特に暗記系の学習は、1回に時間をかけるよりも数をこなすことが効果的なので、隙間時間に行うことが最適です。

勉強の継続方法と中断してしまったときのリカバリーテクニック

せっかく勉強時間を確保できても、続けられなければ成果には結び付きません。特に社会人は、仕事の影響を受けやすいので、勉強を続けていくためには、勉強継続のための手段が必要となります。また、途中で勉強に失敗したり、挫折したりした場合に、リカバリーすることも必要です。
ここでは、勉強を継続化する方法やリカバリーのテクニック、モチベーションを維持するための方法などをご紹介しましょう。

習慣化する

TORAIZ(トライズ)習慣化

英語の勉強を継続するために一番効果的なのは、習慣化してしまうことです。
例えば、「家に帰ったらテレビをつける」と同じように、「オフィスを出たらイヤホンをつける」や「歯磨きしているときは、鏡に貼った単語のメモを見る」など、ルールを決めることで、自然と勉強の習慣が身に付きます。

また、勉強スケジュールを作ることも有効です。トライズの場合、入会後にコンサルタントと最初の面談があり、受講者の生活に合わせた、実現可能な勉強スケジュールを作ります。スケジュールを守って勉強を進めていくことが、社会人の英語勉強において、最も基本的かつ一番大事な部分なのです。

習慣が途切れたら、とにかくもう一度やってみる

一度、習慣化してしまうと継続しやすいのですが、社会人の場合、みずからの意思にかかわらず、仕事の都合などで継続が途切れてしまうことも起こりえます。
例えば、決算などが絡む仕事をされている方は、年度末に1日3時間の勉強は難しいかもしれません。また、機械の保守といったメンテナンス業務であれば、急なトラブル対応で勉強できないこともあるでしょう。
ここで、一番問題なのは、一度途切れてしまうことではなく、その途切れた1日が、3日になり、1週間になり、1ヵ月になってしまうことです。

そこで、勉強習慣が途切れてしまった場合は、完全に放置するのではなく、1日5分でもいいので勉強することが重要です。それが無理なら、とにかく本を開いてみましょう。人間には、「作業興奮」という作用があります。これは、掃除が嫌いな方でも、いざ始めるととことんやってしまうのと同じように、最初のハードルさえ乗り越えれば、比較的楽にまた続けられるようになります。

停滞期は記録をつけたり目標を立てたりして、モチベーションを維持する

スケジュールに沿って勉強を進める上で、気を付けたいのは停滞期の問題です。
効率的に勉強していれば、スタートから3ヵ月ぐらいすれば、リスニング能力も上がり、自分自身の成長を感じることができるでしょう。しかし、言語能力の成長は、ダイエットにおける体重減少と似ていて、途中200~300時間は、どんなに勉強しても成果が出ない時期があります。1年で英語習得を目指した場合は、だいたい4~6ヶ月目、9ヶ月目前後辺りにその停滞時期が訪れることが多くなっています。この停滞期に、多くの方が不安や疲れから続けられなくなってしまいますので、ここをどう乗り切るかが重要です。

トライズでは、コンサルタントが受講生にデータを示して、「今は伸びない時期で、ここを抜ければ大丈夫ですよ」とお話ししています。しかし、いくらデータで説明しても、納得してもらえるわけではありません。

このような停滞期でモチベーションを保つには、まず記録をつけることが大切です。ダイエットを続けるには、まず体重計に乗ることが大切なように、勉強を続けるモチベーションを保つには、毎日「これはできた」「できなかった」と、記録をつけることが役立ちます。

また、小さな目標を設定することも有効です。例えば、「今度の会議までに◯◯の表現を憶える」とか、「次のイギリス出張では、1人で買い物に行けるようにする」など、具体的な目標があるとモチベーションは保ちやすくなります。

トライズでは、2週間ごとにコンサルタントが対面で勉強の完成度を確認する「プログレスチェック」を行っており、ここで短期目標を明確にすることで、モチベーションを保ってもらえるしくみとなっています。

TORAIZ(トライズ)プログレスチェック
また、受講生には、毎日「学習報告」を書いて送ってもらいます。これは、毎日記録をつけることで勉強習慣を身に付け、同時に自身の進捗状況をチェックしてもらうためです。もし、勉強時間がゼロでも報告を送ってもらい、それをコンサルタントが見ることで、常に英語の勉強をしていることを自覚させるのです。

継続さえできれば停滞期は必ず抜けることができるので、どんな形であれ勉強を続けることが一番の解決策です。

短期間で英語が話せるようになるためのポイント

1年という短期間で英語が話せるようになるには、習慣化などの勉強の方法だけでなく、内容も大切になってきます。社会人が英語を勉強するには、次のようなことがポイントとなります。

1 自分の現状を知る

TORAIZ (トライズ)1000時間が必要な理由

勉強を始める前に、自分の英語力がどの程度か知る必要があります。参考までに、中学~大学で1,200時間の勉強を終え、あと1,000時間で英語が話せるようになる方の英語レベルとは、「グループディスカッションで準備してきたことなら言えるが、相手の言っていることを理解できなかったり、返事ができなかったりすることも多い」を基準としています。
ですから、基本的な文法や単語が身に付いておらず、この基準に達していなければ、当然そこから勉強する必要があるのです。

2 勉強の核はリスニングとスピーキング

TORAIZ(トライズ)スピーキング・リスニング

中学~大学で1,200時間の英語勉強を概ね経験しているのであれば、リスニングとスピーキングを核として勉強します。
リスニングで使われるのは、音を聞いて即座に復唱する「シャドーイング」という勉強法です。「文字で見れば意味は理解できるが、音で聞いてもわからない」フレーズの音と意味を結び付け、音で聞いただけで自然に意味が理解できるようになるための訓練となります。
スピーキングでは、構文やフレーズを暗記することで、頭で考えずに即座に口から出せるフレーズを増やします。脳には認知資源というものがあり、これには上限があります。会話の時にこの認知資源をフレーズを考えることに使用してしまうと、その他のリスニングや返答内容を考えることに使用できる認知資源が少なくなってしまい、円滑なコミュニケーションを取ることができなくなってしまいます。そのため、フレーズなどは自動化することが必要なのです。

3 発音はあまり気にしない

英会話の勉強と聞くと、発音が大切と思う方も多いでしょう。しかし、トライズの学習では、発音についてはあまり重要視していません。
理由は2つあります。ひとつは、発音を意識してしまうと、英語の文章を組み立てることに集中できないからです。人は話をする際、「概念化(話す内容を考える)」「言語化」「発声」というステップを踏むため、脳が3つのタスクを処理することになります。そこで、発声の部分を意識しないことで、概念化と言語化の部分にだけ集中できるのです。

もうひとつは、言語学の研究では、発音よりも文中の音の強弱や長さのほうが、相手の理解に影響を与えることがわかっているためです。特に英語を話す人の70%以上が非ネイティブとなっており、なまりのある英語でコミュニケーションを取ることも当たり前となっています。


発音の勉強が不必要なわけではありませんが、発音に勉強時間を割くことは、時間のない社会人の勉強法としては学習効率が悪く、おすすめとはいえないのです。

忙しい社会人の学習を徹底サポートできるのがトライズの強み

社会人が日々の忙しさや停滞期のつらさに負けず、一人で勉強を続けていくのは決して簡単なことではありません。
コーチング英会話のトライズでは、忙しい受講生たちに寄り添い、二人三脚で英語勉強の指導・サポートをいたします。興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングにお申し込みください。



Related Methods 関連する勉強法