本気で英語を話せるようになりたい人向け!話せるようになるための5つのポイント

ビジネス英語

本気で英語を話せるようになりたいと思っているのに、どう頑張ってもなかなか上達しない、または、どうすれば良いかわからない……なんて人もいるでしょう。英語が話せるようになるためには、英会話の練習さえしていればいいのですが、ただやみくもに練習しているだけでは、なかなか効率よく上達せず、モチベーションが保てないかもしれません。

そこで今回は、本気で英語を話せるようになりたいと思っている人向けに、話せるようになるためのポイントをご説明していきます。これを参考に練習すれば、あなたもきっと英語が話せるようになるはずです。

英語を話すときは、まずは気持ちの準備

英語が話せるようになるには、知識量・スキルも重要ですが、何より気持ちが大切です。
「英語が話せない」「なかなか上達しない」とネガティブなことばかり考えていると、思うような上達はできないかもしれません

また、「完璧に話せないとダメだ」という思い込みをしていると、それも上達を妨げてしまうでしょう。どれだけ英語の知識量が豊富でも、会話をするときに間違うことを恐れて、緊張してしまうからです。本気で英語が話せるようになりたいなら、まず「自分は英語が話せる」と信じてください。そして、間違ってもいいと自分を許してあげましょう

英語を話すためのメンタルを整えられれば、あとは積極的に練習するだけで英語が話せるようになります。
英語を話せないストレスに悩まされるよりも、英語が話せる楽しさに目を向けてみてくださいね。その方が、練習も楽しめますよ。

英語が話せるようになるための5つのポイント

ではここからは、英語が話せるようになるためには、どんなことを意識して練習すれば良いのか、そのポイントをご説明していきます。

①英語が話せるようになったらどうなりたいかを明確にする

よく、英語を勉強するときには明確な目的を作ることが大事だと言われますが、英語が話したいだけの場合、この「明確な目的」というのを、どう作れば良いかわからないかもしれませんね。

英語が話せるようになることがゴールの場合、英語が話せるようになったらどうなりたいのか、何をしたいのかを明確にすることが大事です。英語が話せるあなたというのは、どんな人物で、英語を使って何をしているのでしょうか。そういうゴールをハッキリと思い描いてみましょう。

英語が話せるようになった自分をハッキリと思い描くことで、よりその自分に到達しやすくなるのです。

②英語の勉強や練習を習慣化させる

本気で英語を話したいと思うなら、英語の勉強・練習を習慣化させることは必須です。私たちが日本語をペラペラと話せるのは、子どもの頃から日本語のシャワーを浴びていたからというのもありますが、日本語を扱うことが当たり前のように習慣になっているからです。

出来れば毎日、英語を口にする時間を取りましょう。会話という形でなくても、音読やシャドーイングなど、英語を口にする方法はたくさんあります

実践的な会話練習も出来れば毎日したいところです。格安なオンライン英会話を活用したり、言語交換のパートナーを見つけたりして、積極的に英語で会話をする習慣を身につけましょう。

③とにかく英語を口にすること

本気で英語を話せる状態を目指すなら、とにかくいつでも英語を口にすることが大切です。前述の音読やシャドーイングは、教材などが手元にあるときにしか出来ません。また、英語での会話もレッスンを取ったり、英語を話す友達と会ったりしなければ、なかなかチャンスがないでしょう。

これだと、特に短期間で英語を話せるようになりたいときには、不十分かもしれません。

とにかく英語を口にするためには、周りに人がいないときは、絶えず英語で独り言を言ってみましょう。これはチェックしてくれる人がいないので、間違えていたって構いません。ですが、間違いがクセになってはいけませんから、ある程度は自信が持てるレベルの範囲で、独り言を続けてみてください。

一人二役をして、一人で英語の会話をしても良いでしょう。それなら、会話形式なので、会話の練習にもなりますね。

④出来るだけ英語のシャワーを浴びる

英語を話せるようになりたいなら、英語という言語に慣れる必要があります。そのためには、出来るだけ英語のシャワーを浴びるのがおすすめです。
聞き流しでも構いませんから、とにかく英語を耳にするようにしてください。ですが、しっかり聞く時間も、毎日短時間でも良いので取るようにしましょう。しっかり聞く音源は、自分が理解できるレベルのものがおすすめです

そして、あまり「話す」というスキルに関係ないと思うかもしれませんが、英語を目にすることも大切です。
たとえ英語での読み書きをそれほどするつもりがなくても、やはりある程度文字として英語を認識しておく必要があります。単語の正しいスペルや、英語の文法構造をちゃんと知っておくと、会話力もアップします。それに、英語が話せる状態なのに、全く英語の読み書きをしないなんてことは、ちょっと想像しづらいですよね。

⑤完璧を目指さないこと

これは英語を話せるようになるために、とても大事なことですが、英会話をするにあたって完璧は目指さないでください。
音読やシャドーイングで、なるべく間違わず正しい英語を口にすることは大切です。ですが、実際に会話をするときには、多少間違えても問題ないのです。間違えを恐れて話せなくなるよりも、多少間違いがあっても伝わる英語を話すことが大事です。
日常会話レベルではなく、ビジネスレベルを目指している人の場合、なおさら間違ってはいけないと思ってしまうかもしれませんね。ですが実際は、国際的なビジネスの場でも、ネイティブスピーカーではない人は多少文法を間違えていたり、少し不自然な表現を使っていたりします。ですが、それでもビジネスは成り立っているのです。

そもそも英語は複数の国で第一言語とされていて、その国々の間でも微妙に文法ルールや自然な表現が違ったりします。そして、ビジネスレベルの英語を話す人でも、英語が母国語でなければ完璧な英語なんてなかなか話せないのです。
もちろん正確であればあるほど良いですし、伝わりやすいです。しかし、間違いを恐れて話せなくなるくらいなら、たくさん間違えていても伝わる英語を話せた方が断然良いのですね。

短期間で英語を話せるようになりたいなら英語コーチング

ある程度時間をかけて教材やオンライン英会話などを活用しても、ほぼ独学で英語が話せるようになるのは難しいでしょう。
短期間で英語を話せるようになりたいなら、効率よく英語を学ぶ環境を提供してくれる英語コーチングも検討してみましょう。特に、自分一人ではなかなかモチベーションを保てない人や、上達の度合いを感じられない人は、英語コーチングを利用すれば、その問題は解決します。
特に近い将来留学や海外出張・海外就職などを考えていて、できるだけ早く英語が話せるようになりたいと思っているなら、英語コーチングはその近道となるでしょう。

英語コーチングスクールは、専属の日本人コンサルタントとネイティブコーチがつくトライズがおすすめです!あなたのゴールに合わせたインプットとアウトプットの両方を効率的に実践できるトライズであれば、独学や他の英会話スクールで失敗してしまった人も英語が話せるようになるでしょう。

まとめ

本気で英語を話せるようになりたいと思うなら、やはり努力は必要です。ですが、英語が話せるようになった自分を想像して楽しんでいれば、努力もしやすくなりますし、英語学習も楽しめるかもしれません。

それでもなかなかモチベーションが保てなかったり、なかなか上達できないと感じたりするなら、ぜひトライズにご相談ください。あなたが英語が話せるようになるためのサポートをさせていただきます。

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法