社会人のビジネス英語学習で気をつけるべき3つのこと

ビジネス英語

社会人のビジネス英語学習で気をつけるべき3つのこと

「これまで全く英語を勉強していなかったが、社会人になってからビジネス英語の学習を始める」という方も多いのではないでしょうか。

英語は言語なので、ただ闇雲に勉強して習得できるものではありません。自分にあった方法やカリキュラムで学習する必要があります。間違った方法で英語学習を行えば、いくら時間をかけても、英語は習得できません。

そこで本記事では、社会人のビジネス英語学習で気をつけるべき3つのことについて解説します。社会人になってから英語学習をしようと考えている方必見です。

社会人に必要とされるのは日常英会話ではなくビジネス英語

一方でビジネス英会話は、仕事において用いられます。英語での商談やプレゼン、テレカンなどで使うから、という理由で学習する方が多いです。

ビジネス英語ではより正しい表現が求められる

ビジネス英語は、日常英会話と比べて難易度が高いです。なぜならより正しい表現が求められるからです。日常英会話の場合は、完璧な英語は話せなくても、大まかな英語さえ話せれば問題ありません。しかしビジネス英会話の場合は、ビジネスシーンということもあり、その場にあった正しい表現が必要になります。また表現を誤ってしまえば、商談などで不利になってしまう可能性もあります。

よってビジネス英会話は日常英会話よりも難易度が高いと言えます。

【ビジネス英語】シーン別に覚えたい例文フレーズ集!今すぐ使える15選

社会人のビジネス英語学習で気をつけるべき3つのこと

社会人がビジネス英語を学ぶ際に気をつけてほしいことが3つあります。
ビジネス英語を学ぶ際に気をつけてほしい3点は以下です。

  • スキマ時間を有効活用する
  • 復習を怠らない
  • 効率的に学習をするための投資は惜しまない

3つについて詳しく解説しますので、ぜひご参考にしてください。

スキマ時間を有効活用する

まず1つ目は、スキマ時間を有効活用することです。なぜなら社会人は仕事があるため、まとまった学習時間を確保することが簡単ではないからです。

仮に仕事が定時で終わったとしても、飲みの誘いなど、急な予定が入るかもれません。また帰宅後クタクタの状態で仕事を始めるのは大変です。

例えば毎日18時に帰宅すると仮定します。そこから就寝する0時までには、6時間の時間があります。「6時間のうち半分の3時間勉強すればいい」と考える方がいるかも知れません。しかし実際に仕事終わりの時間だけでそれだけの学習時間を確保できる方は少ないです。

そこで大切なのがスキマ時間の有効活用です。スキマ時間とは、通勤電車や会社での空き時間などの時間のことです。こういった時間を有効活用することで、仕事終わりに自宅でまとまった時間を確保せずとも、学習時間を確保できます。

通勤時間にもよりますが、通勤電車でずっと寝ている場合と、コツコツ英語学習をする場合では、学習時間に大きな差がつきます。

スキマ時間を有効活用するためには、スキマ時間での勉強に適した教材も必要です。アプリや参考書などを準備しておき、いつでもどこでも勉強できる状態にしておきましょう。

「暇さえあればSNSを見てしまう」という方も多いのではいでしょうか。こういった時間をスキマ時間として学習時間にあてれば、学習時間は大幅にアップしますし、有意義な時間を過ごせますよ。

うまくやれば、スキマ時間だけで毎日1時間以上の学習時間を確保することもできます。

社会人の英語学習は、隙間時間の使える効率の良い勉強方法が最適!

復習を怠らない

2つ目は、復習です。英語学習に限らず、勉強においては復習が大切です。復習には、一度学んだことを、記憶として脳に定着させる効果があります。

学生時代に一夜漬けでテストに臨み、「テストはなんとかなったが数週間後には全て忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか。それも復習をしていないことが原因です。

社会人がビジネス英語を学ぶ際は、限られた時間の中で学習しなければなりません。よって、早く先に進まなければという焦りから、復習を蔑ろにして、どんどん先に進んでしまう傾向にあります。

しかし復習を蔑ろにしてしまうと、学んだこともすぐに忘れてしまい、非効率です。

早く先にすすみたいという気持ちを抑えて、復習を挟みながら、一歩ずつ確実に前進していきましょう。ゆっくり確実に前進していくことが、1番の近道です。

効率的に学習をするための投資は惜しまない

3つ目は、社会人は効率的に学習をするための投資を惜しむべきではないという点です。なぜなら社会人にとっては、お金と同様に時間も大切だからです。日々働いていて、「貯金はある程度あるが、自由に過ごせる時間はほとんどない」という方も多いのではないでしょうか。

今の時代、英語を学べる方法はたくさんあります。良い環境で英語学習ができ、結果として時間を節約できるのであれば、その学習方法を試してみるべきです。

また早く英語を身につければ、昇進や昇給の条件を早い段階で満たせます。

英語と年収の関係とは?年収700万以上の半数は英語ができる!

社会人の英語学習には英語コーチングがおすすめ

社会人が英語を学ぶ際には、いかに効率的に学び、確実に成果を出すかが大切です。社会人で英語を学んでいる方で、いつまで経っても英語が上達しない方はたくさんいます。

そこで社会人におすすめの英語学習方法が、英語コーチングです。英語コーチングとは、一般的な英会話教室のような英会話レッスンに加えて、コーチが自宅学習のサポートを行うサービスのことです。

いくら英会話レッスンで英語を学んでも、自宅学習の時間を確保できなかったり、自宅学習が非効率なものでは意味がありません。

自宅にいる時間の方が、英会話レッスンを受けている時間よりも何倍も長いです。よって自宅学習時間をどのように管理するかは、英語学習において大切です。

今話題の英語コーチングの効果とは?英会話スクールとの違いを徹底比較・解説!

英語コーチングなら最適な勉強方法で英語学習ができる

英語コーチングでは、あなたにコーチが専属でつき、自宅学習のサポートをしてくれます。サポート内容は定期的なカウンセリングや日々の学習進捗の報告などです。

英語のプロであるコーチに、自分の英語レベルや英語学習の内容について客観的な目線で見てもらうことで、大幅な英語学習の効率アプガ見込めます。

英語コーチングなら継続できる

英語コーチングスクールは、英語学習の継続にも最適です。なぜなら英語コーチングスクールでは、毎日の学習の進捗を、コーチに報告しなければならないからです。

社会人になってからの英語学習には、先生のような存在がいません。つまり宿題を出してくれる存在もいません。よって、いくら学習をサボったり後回しにしようと自由です。

しかし英語コーチングなら、「コーチに毎回報告しなければならない」「明日は英会話レッスンがある」「明日はカウンセリングがある」などある種の強制力が生まれ、英語学習の継続に役立ちます。

英語を効率的に伸ばすには、正しい学習方法を知り、その学習方法を継続することが大切です。英語コーチングでは、その両方を解決できます。

社会人の英語学習は英語コーチングの「トライズ」

コーチング英会話のTORAIZ(トライズ)

社会人のビジネス英語学習について解説しました。「ブランクがあるし、今から英語学習なんて本当にできるのかな?」と不安に思っている方も多いと思います。確かに社会人になってからのビジネス英語の習得は簡単なことではありません。しかし正しい方法と正しいサポートを受ければ、ビジネス英語は習得できます。

完全に習得するには1年以上かかります。しかしまずは早速学習を開始して、小さな成功体験をモチベーションに少しずつ英語力をアップさせていきましょう。

コーチング英会話トライズ(TORAIZ)では、すべての英語学習者の方々に最適な学習計画をご提案させていただいております。コース内容にネイティブ講師とのレッスンを週3回含まれているので、しっかり実践的なビジネス英語の練習もできます。もしも英語コーチングを受けてみたいと思ったら、お気軽にトライズの無料カウンセリングにお申し込みください。

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法