社会人にこそおすすめしたい!フォニックスで発音を学ぶ

ビジネス英語

コーチング英会話のトライズ

Midori
高校時代イギリスに短期留学し、大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。金融機関勤務を経て、現在はオンライン英会話スクールで講師を務めるほか、TOEICコーチとしても活動(直近スコア915点)。趣味は海外旅行。

みなさんは、「フォニックス」というのを聞いたことがありますか?日本の学校教育では取り扱われないので、ご存知ない方も多いかと思います。

フォニックスとは、英語の発音とスペルをリンクさせて学習していくメソッドで、これをマスターすると、初見の単語でもスペルから正しい発音を知ることができます。発音記号が苦手な方にもぜひおすすめしたい学習法です。

そこで今回は、フォニックスの基礎的な内容と効果的な学習法についてご紹介したいと思います。

フォニックスって何?フォニックスを勉強するメリットとは

学校教育でしっかり英語を学んできた方にとっては、改めて新しいメソッドでフォニックスを学ぶ必要性が感じられないかもしれませんね。ここでは、あえて社会人のみなさんにフォニックス学習をおすすめする理由をご説明したいと思います。

「相手に伝わる」発音を身に着けることができる!

英語の四技能(リーディング・ライティング・リスニング・スピーキング)の中で、日本人が最も苦手とするのがスピーキングだと言われています。

ただ、スピーキングを苦手とする方の中には、語彙力と文法知識はお持ちなのにもかかわらず、なぜか話すことができない・・・という方が多くいらっしゃいます。こうした方と実際に英語でお話ししてみると、ほとんどの場合で発音に課題を持っておられます。

  • 英文自体は合っているはずなのに、聞き手に伝わらない
  • 英語特有のリンキングサウンド(つながる音や飲み込む音など)が聞き取れないので、相手の言っていることが途中からわからなくなってしまう

→発話にも自信がないし、相手の話にもついていけず気まずい思いをする

→もう話したくない!スピーキングは嫌い!!

といった悪循環に陥っておられる方がとても多いのです。

正しい発音の基礎を身に着けることは、「伝わる」英語が話せるということ。そして、自分が発音できるようになった音は、聞き取るときも問題なく理解することができます。

初めて見た単語でも発音できるようになる!

長めの英文を音読するときに、頻繁に躓いてしまう方は、スペルから発音が認識できていないことが多いです。

これまであまりなじみのなかった単語や、初めて見る単語なども問題なく音読できるようになるためには、やはり英語のスペルを見て発音がわかる状態を目指さなければなりません。フォニックス式の発音法を知ることで、発音記号などを確認しなくても英語が読めるようになりますので、知っておくと大変便利です。

フォニックスの基礎知識!まずはこれだけおさえよう♪

コーチング英会話のトライズ

それではさっそく、フォニックスの基礎的な部分について見ていきたいと思います。わかりやすくするために、カタカナで読み仮名をつけておりますが、実際の英語の発音とは異なる場合も多いです。できるだけ音源で確認しながら進めるようにしてくださいね。

フォニックスルール ~母音編~

A:「ェア」と発音します。口を縦横しっかりと開くのがポイントです。

例)fan, apple

E:日本語の「エ」と同じ音です。

例)elephant, bed

I:「イ」と「エ」の中間ぐらいの音です。ちょっとけだるい感じで「イ」と発音するイメージです。

例)igloo, pin

O:「オ」と「ア」の中間ぐらいの音です。

例)octopus, hop

U:口を横に薄く開いて「ア」と発音します。

例)umbrella, nut

フォニックスルール ~子音編~

B:唇から空気を勢いよく押し出し、「ブッ」と発音します。

例)ball, bag

C:喉の奥から「クッ」と空気を勢いよく押し出します。

例)cat, cup

D:上あごの奥の方を舌ではじくようにして「ドゥッ」と発音します。

例)dog, dance

F:上の前歯で下唇を軽く噛みながら息を「フーッ」と出します。

例)fish, feel

G:”C”と同じように、喉の奥から空気を勢いよく押し出しながら「グッ」と発音します。

例)gorilla, egg

H:声を出さずに「ハッ」とため息をつくイメージです。

例)hat, hello

J:口をとがらせながら「ジュッ」と発音します。

例)juice, jet

K:Cと同じように、喉奥から「クッ」と空気を押し出します。

例)kangaroo, kite

L:日本語のラ行と同じで、舌を前歯の裏に付けて発音します。

例)lion, lip

M:上唇と下唇をピタッとくっつけた状態から、唇を離しながら「ンマッ」と発音します。

例)monkey, mop

N:舌を上あごにピタッとつけた状態から、舌を離しながら「ンヌッ」と発音します。

例)no, neck

P:唇から空気を勢いよく押し出すようにして「プッ」と発音します。

例)pig, pen

Q:Cと同じように喉奥で「クッ」と言った後、Wと同じように口をすぼめて「ウッ」と発音します。つなげると「クワッ」という感じに聞こえます。

例)question, queen

R:Lの発音と間違えやすいので注意です。舌を少し丸めて口の奥に引っ込めるようにしながら、「ウーッ」と発音します。

例)ring, rat

S:歯と歯の間から空気を細く出して「スー」っと発音します。

例)sun, see

T:舌先で上あごの奥をはじくようなイメージで「トゥッ」と発音します。

例)train, time

V:上の前歯で下唇を軽く噛みながら「ヴッ」と発音します。

例)van, vacation

W:口をとがらせながら「ウッ」と発音します。

例)watch, window

X:声を出さずに「クスッ」と発音します。Cの発音と、Sの発音を組み合わせたような音です。

例)box, fox

Y:日本語のヤ行と同じイメージです。「ィヤッ」という感じで少し音を引っ張りながら発音すると英語らしく聞こえます。

例)yellow, you

Z:歯と歯の間から空気を細く出しながら「ズー」っと発音します。

例)zoo, zipper

母音・子音共に、例外的な発音方法などもありますが、まずはこの基本を押さえることが大切です。ぜひご自身でも発音してみてくださいね!

フォニックス学習におすすめの方法

コーチング英会話のトライズ

フォニックスの詳しい内容についてご紹介させていただいたところで、実際に学習する際におすすめの方法についてご紹介したいと思います。

「あいうえおフォニックス」

あいうえおフォニックスは、LA在住のバイリンガルによる日本人向けのフォニックス学習教材です。YouTubeチャンネルで無料公開されているので、手軽に学習に取り組むことができます。子供でも分かるように作られているため、キャラクターがかわいらしく、丁寧に教えてもらえるのもポイントです。上ではご紹介しなかったような、フォニックスの例外的な内容についても触れられているので、1度満遍なくチェックしておけば役立つこと間違いなしです。

「Phonics Song」

海外の子供たちがフォニックス式の発音をマスターするのに使われている歌です。AからZまで、順番にアルファベットと発音の対応をチェックしていくことができるようになっているため、一曲歌えるようになれば上でご紹介したようなフォニックスの内容は網羅することができます。YouTubeにさまざまなバージョンのPhonics Songがのっていますので、ぜひ聞いてみてくださいね!

まとめ

社会人の方におすすめしたい、フォニックスの基礎的な内容とおすすめの学習法についてご紹介してまいりました。参考になるものはあったでしょうか?

英語は、相手とコミュニケーションが取れれば全く問題ないので、第二言語として学ぶ私たちが発音をネイティブ並みに完璧にする必要はないと思います。ただ、「伝わる」英語を話す上で最低限の知識は持っておくべきです。seaとshe、heartとhurtなど、カタカナにしてしまえば全く同じ表記になってしまうような英単語はたくさんあり、間違って伝わってしまったら大ごとになってしまうこともあります。

ぜひフォニックスの基礎的な考え方を押さえて、カタカナ英語を卒業しましょうね!

短期で英語を話せるようになりたい方に
おすすめのスクールは「トライズ」

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間でどうしても英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。



Related Methods 関連する勉強法