英語のスピーチを外国人に印象づけるための3つのポイント

ビジネスパーソンが外国に出張した場合、プレゼンや会議などで、英語を話す機会もあるでしょう。ですが、「リスニングはできても、話すのは苦手」「短い受け答えならできても、スピーチは無理」など、スピーキングに苦手意識を持っている人もいるでしょう。
実は、英語でのスピーチの良し悪しは、必ずしも英語力だけで決まるものではありません。では、「英語で話す」際に、最も大切なことは何でしょう。英語でのスピーチを成功させるために、トライズで教えている方法をご紹介します。

英語スピーチのポイントとは?

英語でわかりやすいスピーチを行うためのポイントは「話の構成」「声の大きさ」「話し方(声のトーン)」の3点で、特に話の構成と声の大きさが重要です。それでは、これらをどうすればうまくできるのかについて、ご紹介しましょう。

最初に大まかな結論を述べる

英語のスピーチの構成は、最初に導入と、ある程度の結論を述べることがポイントです。次に具体的な内容と、最後にまとめというスタイルが基本となっています。
これは、英語圏の慣習として、最初に「~という話をします。結論としては、このような方向性です」と答えを先に明示してから、「その理由は~です」と話していくスタイルが一般的だからです。そのため、結論は最後に述べる日本式の話の構成は、わかりにくいのです。ですから、「英語力ではなく、構成の問題で内容がうまく伝わらなかった」ということは、起こりがちな失敗のひとつです。

なお、英語でのスピーチでは難しい表現は必ずしも必要なく、定番のフレーズだけでわかりやすく伝えることが可能です。むしろ、英語熟練者ではない方が表現豊かな話者のスピーチをまねて慣れないフレーズを取り入れたりすると、平易な表現の中に急に異色の表現が混ざった形になり、聞く人に違和感を与えてしまうことがあります。
例えば、「本日は、新しいプロジェクトについてお話しします」であれば、「Today, I am going to talk about the new project」で十分なのです。

自信を持って、大きな声で話す

英語を話す上で、声の大きさはとても重要なポイントです。まずは、発音などは気にしなくていいので、常に自信を持って、大きな声で話すことを心掛け、「声の大きさ」をクリアしましょう。
大きな声で話すことが重要なのは、日本以上に英語圏では自信をもって話しているかどうかを見られているからです。また声が小さいと聞き取ってもらえず、声が小さくて聞こえないよ、という意味で「もう一度言ってください」と言われたことで、「私の英語はやっぱりダメなんだ」と自信を失い、そこから悪循環に陥りがちです。

余裕があれば、声のトーンにも気を配って話す

前述した2つのポイントをクリアできるようなら、話し方にも気を配りましょう。話し方のポイントは声のトーンに気を配ることです。日本語は口の中で発音される言語ですが、英語は腹式呼吸で話される言語です。腹式呼吸を使い、お腹から声を出していくと、英語らしい響きになります。
また、英語圏では、低い声で話したほうが「自信がある人」と見られますので、余裕があれば腹式呼吸を使い、低い声で話したほうが、説得力が高まります。

英語スピーチの練習方法

トライズの英語勉強法の基本は、リスニングとスピーキングです。リスニングは、同じ教材を何度も繰り返して聞く「シャドーイング」を行います。シャドーイングをすることで、「耳から聞こえる音」と「頭の中の英語知識」が結び付き、読んで意味のわかるものであれば聞いてもわかるようになります。スピーキングは、フレーズや構文の暗記を徹底することで、反射的に口から出せるフレーズを増やすために行います。
スピーチの力をつけるためにも、この2つの勉強が基礎となることは同じですが、ここではさらにスピーチに特化した練習方法をご紹介します。

練習のポイントは本人になりきること

特にスピーチの練習をしたいなら、リスニングの教材として、実際のスピーチや著名人が登壇する講演会の動画を配信しているTED.comを利用するのがおすすめです。
実際のスピーチやTED.comを教材として練習をする際のポイントは、恥ずかしがらずに、本人になりきってやることです。言語学では、「自分のことを話しているように話すと効果が高まる」といわれています。例えば、ストーリーの音読をする際にも、「She is a student」「She plays the guitar」というより、「I am a student」「I play the guitar」と主語を「I」にして、自分のこととして話すほうが効果的だという研究結果もあります。ですから、まずは自分のスピーチだと思って話すことが大切です。

自分のスピーチだと思えば、「伝えたいことはここだから、ここを強調しよう」など、声の抑揚も自然にできるようになります。また、実際のスピーチの話し方や大事なところに入る前の間のとり方などは非常に勉強になるので、これらを参考にしてもいいでしょう。

教材は興味のある分野のものを選ぶこと

本人になりきってスピーチをするためには、教材には自分が興味のあるものや、まねをしたいと思う人のプレゼンなどを選ぶのがベストです。この「興味のあるものが一番」というのは、スピーチの練習に限らず、どんな教材選びの際にもいえることです。

ネイティブ講師とのレッスンでも練習可能

トライズでは、ネイティブ講師とのレッスンの時間を使ってスピーチの練習をすることもできます。内容だけでなく、声の大きさや間の取り方、話す速度なども含めて練習できますし、ネイティブ講師が観客目線でスピーチ内容のわからないところをどんどん質問してきますので、想定問答を作ることもできます。

英語でスピーチを行う心理的なハードルを取り除く方法

いくら練習を重ねて準備万端だと思っても、英語でスピーチをするとなると、会話以上に不安や緊張が付き物です。その心理的なハードルを取り除く方法として、トライズでは次の2つを実践してみることをおすすめしています。

やってみること

「やる前はすごく不安だったけれど、やってみると結構できました」ということは珍しくありません。チャンスがあれば、まずは経験してみることが、心理的な壁を取り除く第一歩となります。

「わからない」と言われても英語以外が原因という体験を重ねること

英語圏の人々は、わからないものははっきりと「わからない」と伝えてきます。「わからない」と言われると、自分の英語が通じていないと思いがちですが、彼らが「わからない」という理由のほとんどは、英語以外の問題だったりします。

例えば、母国語である日本語でさえも、行き違いや聞き違いで意思疎通ができないことがあります。それと同じで、この「わからない」は、「説明の内容がわかりません」や「私の理解で合っているのか、念のために確認させてください」「声が小さくて聞こえなかったので、もう一度聞いていいですか」などの意味で使われているだけであることも多いのです。

もちろん、英語の文法や発音等が原因の場合もあるかと思いますが、きちんと準備して臨んだスピーチであれば、ほとんどの場合、英語以外の問題なのです。ですが、この理屈は、実際に体験するまでわかりません。実際のスピーチやプレゼンの場で「わからないと言われたが、自分の英語が原因ではなかった」ことを何度も体験して、実感していきましょう。

スピーチがこなせる英語力の目安

では、実際に英語でスピーチを行うためには、どのくらいの英語力が必要なのでしょうか。スピーチの内容は、覚えてしまえば何とかなります。また、話すだけなら中学・高校で学ぶレベルの英語力でも、できないことはありません。これは、トライズで英語習得レベルを知るために行っている世界標準英語のスピーキングテスト「Versant」のスコアでいうと、35点前後くらいでしょう。ですが、このレベルでは、相手の言っていることは聞き取れません。また、自分の言いたいことも言えないので、質疑応答にはまったく対応できません。
一人でスピーチから質疑応答までこなせる英語レベルとは、ほぼ「英語圏での勉強や日常生活に困らないレベル」と同等です。これは、Versantのスコアでいえば45点以上となります。

日本語話者がVersantスコア45点相当の英語力まで達するには、2,200時間の勉強が必要だといわれていますので、中学・高校での英語勉強時間を1,200時間とすると、残り1,000時間必要となる計算です。トライズでは、この「中学・高校での基礎を終えた状態から、1年間に1,000時間の勉強をすることを目指していきます。結果として、1年の勉強で、英語のスピーチをこなせるレベルに到達することになるのです。

トライズを受講して1年でスピーチができるようになった実例

では、実際にトライズの英語勉強法で、1年間でスピーチがこなせる英語力まで到達したHさん(40代・技術開発系)の例を紹介しましょう。

トライズを始める前は、ある程度の英語は理解できても話すことはほぼできない状態で、Versantスコア37点からスタートしました。3ヵ月目には47点に到達しましたが、そこから停滞期に入り6ヵ月目の結果は41点と下がってしまいました。
そこで、勉強内容を見直し、週1度のグループレッスンを個人レッスンに切り替えるとともに、専任講師も変更して環境を大きく変えました。その結果、停滞期も抜け出し、9ヵ月目にはVersantスコアは再び45点を超えました。1年間の勉強終了時には、英語の会議に参加して通訳なしで内容を理解できるようになり、自分の意見を言うことはもちろん、プレゼンテーションも一人でできるようになっています。

コーチング英会話のトライズでは、一人では最適な勉強方法がわからない人、勉強が長く続かない人に、無理なく実践できるようサポートするシステムがあります。ぜひ無料カウンセリングを予約して、その魅力を確認してみてください。



Related Methods 関連する勉強法