1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)
  4. TOEICは就職に有利?何点必要?疑問を解決

TOEICは就職に有利?何点必要?疑問を解決

「TOEICは就職に有利なの?」「TOEICは何点から就職で有利になるの?」という悩みを解決します。
TOEICは最も有名な英語資格の一つで、日本でも大学生や社会人を中心に多くの方が受験をしています。そしてほとんどの方のTOEICの受験目的は、就職や仕事です。

「TOEICは実際のところ役に立つのか」気になりますよね。

本記事では、

  • TOEICが就職に有利な理由
  • 就職で有利になるため必要なTOEICの点数

以上のテーマについて解説します。

就職を控えていてTOEICの受験を検討している方、TOEICスコアを就職の際に活用できるか悩んでいる方、必見です。

TOEICスコアがあると就職に有利

TOEICスコアがあると就職に有利になります。履歴書にTOEICのスコアを記載しておくと、ほとんどの確率でTOEICについて触れてもらえます。

TOEICと他の資格ならどちらが良い?

「TOEIC以外にもたくさん資格はあるけどそれじゃダメなの?」

という疑問があると思います。そういった疑問もあると思いますが、他の資格よりもTOEICの方が良いです。なぜならTOEICは東アジアにおいて最も権威性のある英語資格の1つだからです。
留学する場合にはTOEFLやIELTSなど他の資格のほうが有利ですが、就活の場合は圧倒的にTOEICです。

TOEICスコアが就職に有利な理由


Handsome confident businessman wearing suit standing isolated over black background, posing

TOEICスコアが就職に有利な理由は大きく以下の3つです。

  • グローバルに活躍できる人材の必要性が増しているから
  • TOEICは日本で最も知られている英語資格だから
  • 目標達成に向けて努力できることをアピールできるから

グローバルに活躍できる人材の必要性が増しているから

グローバルに働ける人材の必要性は増し続けています。これまでは、海外を相手にする企業はごく一部でしたが、最近ではほとんどの企業がなんらかの形で日本以外の国とつながりを持っています。
そこで英語ができる人材、ビジネス英語ができる人材の重要性が増しています。

企業が社員にゼロから英語教育をするのは大変です。コストも時間もかかります。よく通勤電車内で英語の参考書を熟読している中堅社員らしき方を目にしますが、本当に大変そうです。
採用時点ですでに英語力を持っているのであれば、そのコストや時間が必要ありません。よってTOEICスコアを持っている方は、就職で有利になります。

TOEICは日本で最も知られている英語資格だから

TOEICは日本で最も知られている英語資格です。英語資格にはTOEIC以外にもTOEFLや英検、IELTSなどたくさんの資格があります。
これらの資格の中で日本人が最も耳にするのはTOEICや英検です。そしてビジネス英語に関する英語資格の中ではTOEICが最も知名度があります。

知名度がある資格ということは、採用面接の際に採用担当の方に自分の英語力が伝わりやすいです。例えば全く聞いたことのない資格で「1級を持っています」と言われても、それがすごいのかすごくないのかはわかりません。

しかしTOEICは大学生の多くが受験しており、就活で役立つ資格としてもいつも名前を挙げられるほどの有名な資格です。
就職で有利になるために英語資格を取りたいのなら、あえて有名でない資格を受験するメリットはありません。TOEICの受験がおすすめです。

目標達成に向けて努力できることをアピールできるから

TOEICは就職に最も役立つ資格の一つです。汎用性が高い資格であらゆる企業の採用にTOEICスコアを活かすことができます。しかし、いくらグローバル化や英語が必要になるとは言っても、英語を使わない職業もありますよね。
しかしそう言った職業ですら、TOEICは役に立ちます。そう言った企業への就職に対してもTOEICは有利に働きます。

なぜならTOEICは採用を担当する方のほとんどが知っている資格だからです。例えばTOEICで700点を取得するのがどのくらい難しいことなのかを採用担当者も知っています。

つまり、TOEICスコアを履歴書に記載することで「目標達成に向けて自分で努力ができる」ことを証明できます。TOEICで高得点を取得するためには、並々ならぬ努力が必要です。そしてTOEIC高得点を取得しているということは、その努力をやってのけたということです。
当然ですが、努力できる人材と努力ができない人材がいた場合、企業は努力ができる人材を求めますよね。TOEICで高得点を取得した方を採用すれば「就職した後も努力をして結果を出してくれるはず」と期待してもらえます。

就職で有利になるにはTOEICスコア600点以上が必要

TOEICは990点満点の試験ですが、TOEICスコアを使って就職で有利になるためには、最低でも600点は欲しいです。
なぜなら、大学生のTOEIC平均点が約500点だからです。そしてTOEIC受験者全体の平均点は毎回約580点前後です。TOEIC600点以上を取得していれば、日常的に英語を学習している方たちのTOEIC平均点「580点」よりも上ということになるので、好印象を与えるでしょう。

しかしTOEIC600点未満の場合は、仮にTOEICスコアを取得していても履歴書に書くことはおすすめできません。なぜならこれより低い点数やこれと同じくらいの点数だとせっかく履歴書に記入してもマイナスの印象を与えてしまうかもしれないからです。

英語を使う業界なら700点以上は欲しい

また英語を頻繁に使うような業界の場合は、TOEIC700点以上は欲しいところです。具体的には、航空業界・旅行業界などが中心です。もちろん他の業界でも700点以上ないと有利にならない場合もあります。
TOEIC700点が、一般的には日常英会話ができるレベルだと言われています。

就職後に活躍するためにはTOEIC以外の英語力も必要

TOEICは就職に最も役立つ資格の1つです。しかしTOEICスコアを取得しているからと言って、英語がなんでもできるわけではありません。
特に英会話力に関しては、TOEICスコアとの関連性は薄いです。なぜならTOEICはリスニングとリーディングに特化した試験だからです。TOEICの学習はインプットが中心です。一方で英会話学習はアウトプットが中心です。
同じ英語でも学習方法が全く異なります。

例えば、TOEIC900点を取得しているからと言って英語が話せるとは限りません。その逆でTOEIC500点にもかかわらず英語が話せる方もいます。しかし、もちろんTOEICスコアが高い方の方が英語が話せる傾向にはあります。
就職後に英語を使って活躍したいのであれば、英語学習がインプットばかりに偏ってしまうことはおすすめできません。
TOEICの学習とは別に、英会話スクールに通うなどして、アウトプットの機会を増やしましょう。

まとめ

TOEICは就職で役に立つのか、というテーマで解説しました、結論として、TOEIC600点以上があればTOEICは就職の役に立ちます。英語を頻繁に使う仕事の場合はTOEIC700点以上は欲しいところです。
企業によっては募集要項にTOEICの必要点数を記載しているところもあるので、確認してみてください。
英語コーチングスクール「トライズ(TORAIZ)」では、専属コンサルタントに学習管理をしてもらいながらTOEICスコアアップができます。

気になった方はトライズの公式サイトから無料カウンセリングに申し込んでみてください。

TOEICの次は英語を話せるようになりたい方におすすめのスクールは「トライズ」

TOEICで満足のいくスコアが出せた後、次はやはり英語が話せるようになりたい、という方が多くなっています。

そんな方におすすめなのがトライズ

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間で英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。

 

関連記事