Voice of Students

受講生の声

中林さま ご職業:医師

「留学経験があるんですか?」 と間違われるほどに急成長

中林さまプロフィール:大学卒業後、大阪にある総合病院に勤務。現在は、形成外科医として患者対応を行う。趣味はマラソン。

医師なのに話せないという劣等感

外国人観光客や在留外国人の数が増えてきたことで、外国人の患者さんも多くなっています。しかし、私は英語がまったく話せない。外国人の患者さんは、英語ができるドクターに任せて、自ら対応することを避けてきました。論文などで英語を書いたり、それを読み上げることはできます。でも、質疑応答となるとさっぱり。医師という職業柄、英語は当然話せるだろうと思われることも多く、海外旅行先で「え?話せないの?」という顔をされるのも地味に辛くて。また、周囲には医師として海外留学したり、海外の学会に出席して質疑応答にも難なく対応される方も多く、自分もそうなりたいという思いばかりが募っていました。しかし、独学で勉強をしようと本を買っても三日坊主で積読状態。インターネット広告でよく見かけるトライズに興味を持ったのは、そんなことを繰り返していた2年前のことでした。

30代後半でもできた!勉強漬けの毎日

そもそも勉強から随分と離れていたし、一人では仕事を言い訳にしてやらないことは容易に想像ができたので、専任コンサルタントがいる安心感がありました。実際、コンサルタントによる計画・指導・管理、そして、励ましがなければ今はなかったと思います。自己学習には、医学英語のテキストを選んでもらいました。テキストを用いたスピーキングとシャドーイングの自己学習は、徒歩通勤・外来前・ランチタイム・オペとオペの間・入浴時間・当直の空き時間に。たとえ学習時間が確保できていたとしても、なあなあに取り組んでいるとすぐバレる。2週間に1度のプログレスチェックでコンサルタントに見抜かれてしまいます。第三者の目があることで、30代後半にして、こんなにも生活習慣が変えられるものかと、自分でもびっくりしました。同時に、日本にいながら英語を話せるようになるには、生活習慣を変えるほどの努力が必要だということも痛感しました。

受講5ヵ月目のブレイクスルー

受講プログラムをスタートして結果がついてきたのは5ヵ月目くらいからです。仕事の都合でそれまで参加できなかったグループレッスンに参加できるようになったことが好機となりました。というのも、そのグループの中で私が一番、トライズ歴が長かったんです。格好悪いことはできないという焦りから、勉強にも自然と熱が入りました。結果、30点後半を迷走していたVersantが一気に41点をマーク。普段はメールでやりとりしているコンサルタントから「やりましたよ!」と初めて電話をもらいました。まるで自分の事のように喜んでくれて、喜びが倍増したのを覚えています。また、グループレッスンに参加したことで、本気で英語に取り組む同士を得たことも大きかったです。受講仲間のグループラインでVersantの結果を公表し合ったり、自分のコンサルタントからもらったアドバイスを交換し合ったり、時には励まし合ったりもしました。しかも、ラインのやりとりはすべて英文。切磋琢磨し合える仲間との関係は、受講修了後も続いています。

外国人の診察をすべて任されるまでに

ネイティブ講師とのオンラインレッスンを外来前に行ったり、英語を勉強していることをあえて公言して、外国人患者さんが着たら積極的に回してもらうようにして実践を積んでいきました。そして今では、「外国人患者さん=私」が周囲の暗黙の了解に。もちろん外来では問題なくコミュニケーションが取れます。さらに、外国人ドクターの学会スピーチも論文に目を落とすことなく、そのまま聞き取れるようになり、傾聴する機会が自然と増えました。また、この間は、受講を修了した仲間と一緒に、別の英会話教室のグループレッスンに参加。そこで、ディスカッションをした他の受講生に「海外留学の経験があるんですか?」と言われて。素直に嬉しかったですね。


↑受講開始時に、1年後にVersant47を取るという目標を立てました。しかし12ヵ月目に受けたとき46と1点届かず。「まだ勉強できる!」と言われているように感じ、1年の継続を決めました。また、卒業した人と会った際に、勉強があまりできないことも聞いたので、環境を変えたくないというのも大きかったです。

トライズありきの生活をもう1年


1年間の受講プログラム修了直前のVersantで目標に1点足りなかったため、もう1年の受講延長を決意しました。点数が届かなかった悔しさよりも、もっと上を目指したくなったんです。また、トライズに作ってもらった勉強漬けの生活習慣が気に入り、このスタイルを変えたくないという思いの方が強かった。ライザップ形式のダイエットと同じで、ここを離れることでリバウンドするようにダラダラとした生活に逆戻りしてしまうのが嫌で。Versantの最新の結果は55点。当初の目標だった医師なのに英語ができないという劣等感は完全に払しょくできました。次なる目標は、海外の学会で質疑応答にも耐えられる英語、また、ネイティブと飲みに行って冗談が言い合えるくらいの英語を身につけることです。