Column

  1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)スクール(学習)
  4. 最強のTOEIC® L&R TEST勉強法?シャドーイングの極意
TOEIC対策スクールトライズ、コーチング英会話

最強のTOEIC® L&R TEST勉強法?シャドーイングの極意

多くの英語学習者が実施している「シャドーイング」というトレーニングをご存知でしょうか? こちらでは、シャドーイングの概要や具体的な効果、方法についてご案内します。

シャドーイングとは

シャドーイングとは、英語の音声を聞きながら追いかけるように発音するスピーキングの練習方法です。英単語の「Shadow(影)」が由来になっています。影さながらに、聞こえる音声を追いかけて発音するのがポイントです。

元来は同時通訳者を目指す人向けのトレーニングでした。しかし、トレーニング効果の大きさから現在は総合的な英語力向上の対策として一般的に用いられています。単なるスピーキング対策と思われがちですが、スピーキングやリスニングなど他技能の向上にも効果的です。

現在は、多くの教材に音声CDが付属しています。また、インターネットで手に入る音声も豊富です。シャドーイングに活用できる音声を簡単に入手できるといえるため、ぜひ英語力向上のために実践することをおすすめします。

シャドーイングによる効果

リスニングとスピーキングをほぼ同時に行うことになるシャドーイング。総合的な英語力向上のトレーニングとして普及していますが、具体的にはどのような効果を期待できるのでしょうか。シャドーイングによる代表的な効果をご紹介します。

英語音声のスピード・リズムについていけるようになる

初学者がスピーキングとリスニングでつまずいてしまう代表的な理由が、英語のスピードとリズムです。スピードに慣れていない場合、多くの方にとっては英語が高速の呪文のように聞こえているでしょう。日本語とはまったく異なるリズムであることも、英語の音声理解を難しくしています。

シャドーイングでは、音声を聞き、その音声に遅れないように発音し続けなければなりません。そのため、英語音声のスピードやリズムに慣れることができます。単に速くスピーキングできるようになるだけではなく、英語のスピード・リズムを体と脳に覚えこませるためリスニング能力も向上します。

集中力が上がる

「聞く」と「話す」という行為を同時に行うのは、日本語でも少し難しく感じる方が多いでしょう。当然ながら、シャドーイングではその2つの行為を英語で両立しなければなりません。おそらく、はじめは上手くできない方が多いはずです。

再生される音声に対して正確に追いかけ続けなければならないため、口で英語をしゃべりながらも音声を集中して聞かなければなりません。そのため、英語音声に対する集中力が増します。シャドーイングに慣れてからスピーキングで追いかけないシンプルなリスニングを行うと、多くの方が楽に感じるでしょう。

TOEIC対策スクールのトライズ:最強のTOEIC勉強法?シャドーイングの極意とは

正しい発音が身につく

シャドーイングでは、聞こえた音声をすぐに“真似て”発音することになります。最初は意味の理解が追い付かず、音声を機械的にリピートするだけに終始するかもしれません。しかし、正しい発音に大切な“真似”に慣れるうえでは、とても効果的なトレーニングです。

何度もシャドーイングを繰り返すうちに、ネイティブのアクセントやイントネーションが身についていきます。一般的なTOEIC®テストではスピーキングのセクションはありませんが、正しい発音を身に着けることはリスニングの精度を上げるうえでも高価的です。

リーディング能力が向上する

音声の意味を理解しながらシャドーイングできるようになれば、少なくともその音声の速度で英語を読めるということ。結果として、リーディングの精度や速度が向上します。英文を読みながらつまずくことや、読み返すことも少なくなるはずです。

シャドーイングの手順

具体的なシャドーイングの手順をご紹介します。いきなり本格的なシャドーイングに挑戦するのは困難です。以下の5ステップに分けてシャドーイングを実施するようおすすめします。

準備の3ステップ

まず行うのは、準備のための3ステップです。ここでは「音と文字の紐づけ」「意味を理解」を目的として音声、テキストを確認します。

1.    リスニング

最初は、口を動かさず音声だけを繰り返し聞いてみましょう。目安としては10回程度です。ここでは、正確に意味を理解する必要はありません。大まかな話の流れを把握できれば十分です。

2.    マンブリング

「マンブリング(mumbling)」とは、「(モゴモゴと)つぶやく」といった意味の英単語。ここでは、聞こえてくる音声を聞こえるままにモゴモゴとつぶやいてみてください。正確性や発音にこだわる必要はありません。重要なのは、聞き取れない部分を明確にすることです。

3.    テキストチェック

マンブリングで聞き取れなかった部分を、テキスト上で確認し、マークをしておいてください。その後、音声とテキストの解説を読みながら、「音と文字の紐づけ」を行いましょう。音声全体を通して意味がわからない部分がなくなるようにしてください。

TOEIC対策スクールのトライズ:最強のTOEIC勉強法?シャドーイングの極意とは

本番の2ステップ

 

準備の3ステップでは「音と文字の紐づけ」「意味理解」を重視していました。ここからの2ステップでは、それらをシャドーイングでさらに定着させましょう。

4.    シンクロリーディング

テキストも見ながら音声を聞き、聞こえてきた音声をそのまま発音します。極力、音声を真似するのがポイントです。この後のシャドーイングは基本的にテキストを見ず音声だけで行いますので、可能な限り音声だけを聞きながら発音できるようにしましょう。

5.    シャドーイング

音と文字の紐づけを定着させるために、音声を集中して聞きながらすぐ追いかけるように発音してください。聞き取れない部分があれば適宜テキストで確認し、場合によっては一度シンクロリーディングに戻ってください。音声を真似しながら何回も繰り返せば、徐々に意味の理解にも意識を向けられるようになります。発音と意味の理解を両立できるようになればシャドーイングの完成です。

シャドーイングの効果を高めるために

シャドーイングの効果をさらに高めるためのポイントをご紹介します。

スクリプトを見ない

十分な英語力があり、シャドーイングに慣れている場合は、スクリプトを一切見ずにシャドーイングを実施してもかまいません。最初の確認のリスニングを繰り返すときは、集中して聞きこみましょう。

録音する

スピーキングや発音の向上に役立てたい場合は、自分のシャドーイング音声を録音してみましょう。スクリプトと照らし合わせて間違っている部分がないか、元の音声に対して不自然な部分がないか、また、“英語らしく”発音できているか、といったポイントを確認します。

TOEIC対策スクールのトライズ:最強のTOEIC勉強法?シャドーイングの極意とは

シャドーイングの注意点

シャドーイングは総合的な英語力向上に効果的ですが、中上級者向けのトレーニングと考えられています。

初学者の場合は、基礎的なリスニング能力がないため、最初から最後まで音声を追いかけるのが困難です。また、語彙力が備わっていない場合、意味を理解せずにただ追いかけるだけになってしまうでしょう。スクリプト上の語句や表現をひとつひとつ調べていると、シャドーイングとは別の勉強になってしまいます。

初学者の場合は、基礎的なリスニング能力、語彙力を強化してからシャドーイングに臨むのがおすすめです。

正しいシャドーイングでステップアップするために

シャドーイングはTOEIC®対策としても有効です。多くのTOEIC®対策スクールがカリキュラムのひとつとしてシャドーイングを組み込んでいます。

シャドーイングは根気が必要なトレーニングのため、ひとりでは挫折してしまう人が多いかもしれません。正しい方法のガイダンス、適切なペースで学習をサポートしてくれる対策スクールを利用すれば、シャドーイングも続けやすくなるでしょう。

***

シャドーイングを日常的な勉強に取り入れれば、TOEIC®のスコアアップだけではなく英語力の大幅な向上が期待できます。最初は上手くいかずストレスがたまるかもしれませんが、慣れていくと徐々に効果を実感できるはずです。根気強く実践してみてください。

関連記事