Column

TOEIC(R)対策コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)対策
  4. TOEIC®のスコアを上げるために必要な3つの要素

TOEIC®のスコアを上げるために必要な3つの要素

TOEIC®のスコアアップに必要なことは、実はシンプルで、「単語」「速読力」「リスニング」です。
どれだけの単語を知っているのか、どれくらいの速さで情報を処理できるのか、どれくらい音声を聞き取れるのか。この3つです。

実はTOEIC®にそれほど難しい知識は必要ないのです。
高度な文法も難解なフレーズも求められることはありません。

TOEIC®のスコアアップに必要な要素について、もう少し詳しくご説明していきます。

1.単語は1,000語でTOEIC®100点アップ

まずは「単語」についてです。

TOEIC®のスコアと受験者の単語力は、非常に密接に結びついているという集計結果があります。具体的には、以下のような相関となっています。

単語TOEIC®スコア
5,000語TOEIC®500点
6,000語TOEIC®600点
7,000語TOEIC®700点
8,000語TOEIC®800点

もちろん個人差はありますが、おおむねこのようなスコアに収まるようです。

文章を理解できる割合とは

3,000語を知っている段階で、リーディングで登場する単語の約90%は理解できます。
多いようにも思えますが、単語の10個に1個は分からないという状態です。
Thatやaなどのごく簡単な単語も大量にあることを考えると、90%の理解では、文章を理解する上で重要な単語をいくつか落としてしまうことが想像いただけるかと思います。

6,000語を知っていれば、約98%は理解できます。
ここまでいけば、文章の大部分は正しく意味を取ることができるようになります。

2.必要な速読力は150wpm

次に「速読力」についてです。
速読力は簡単にいえば、書かれている文章を理解しながら読む速度ですね。

TOEIC®は時間制限があるテストです。たっぷり時間が用意されているならともかく、そこまで優しいテストではありませんので、時間内で問題を解くために速読力は必須です。

時間内にすべてを理解できる速読力は?

TOEIC®のリーディングでは、約7,000語が登場します。テストによって多少前後はしますが、大体これぐらいです。これを75分間で解きます。

つまり時間内にすべての文章を理解するためには、1分間で93語を読む力が必要です。これを93wpmといいます。

7,000語÷75分=約93wpm

Words Per Minuteの略ですね。次からはこの表現を使用していきます。

必要な速読力は?

さて、では93wpmで十分な速読力といえるでしょうか。
答えはNOです。まったく足りていません。

93wpmでは制限時間をすべて使い切って、ようやく文章をすべて理解することができます。これでは問題を解く時間がありません。

問題を解く時間を考えると、最低150wpmは欲しいところです。
これだけあれば、制限時間のうち3分の1を読み直しや解答に残すことができます。

180wpmもあれば時間が半分残るので、かなり余裕が出ますが、150wpmあればとりあえず十分といえます。

3.リスニングは4,000語で98%

3つ目の要素はリスニングです。
TOEIC®のリスニングで登場する単語数はリーディングよりも少なく、4,000語を聞き取ることができれば98%を理解することができます。
聞き取れる単語の数とTOEIC®スコアは、だいたい以下のような関係性になります。

単語TOEIC®スコア
2,000語TOEIC®500点
3,000語TOEIC®600点
4,000語TOEIC®700点
5,000語TOEIC®800点

リスニングではこの数字を目安に学習してください。

リスニングと速読力の関係性

また実は速読力とリスニング力には関連性があります。

速読では目で見た情報を処理する、リスニングでは耳で聞いた情報を処理することになりますが、情報を処理する部分の能力に関しては、両方とも共通しているのです。

なので、どちらかを学習することで、もう片方の力もある程度鍛えることができます。

文法については?

TOEIC®のスコアをアップさせる上で重要な3つの要素について、ご説明いたしました。
しかし実はもう1つだけ必要なものがあります。それは「文法」です。

ただし文法は高校生レベルの力があれば十分です。それを超える知識を、TOEIC®で求められることはほとんどありません。

具体的には、「関係代名詞」「現在完了形」「受身」あたりの文法知識までが、必要とされることを覚えておいてください。

もしこの辺りの文法に自信がなければ、必ず勉強しておいてください。
逆にここまでの文法が確かであれば、それ以上文法を勉強しない方がいいです。
勉強に使える時間やモチベーションは有限なので、新しく文法の知識を頭に入れるのではなく、問題演習や単語などのもっと効果的な勉強をしましょう。

最後に

これでTOEIC®のスコアを上げるために何を勉強すればよいのか、明確になったかと思います。
TOEIC®は優れたテストですが、英語を話す力をつけることに比べると、出題内容にも限りがあるので、的を絞った学習でより効率的にスコアを上げることができます。

トライズのTOEIC®対策プログラムでは、専属コンサルタントと講師のサポートのもと、この3つの要素(+文法)を集中的に学習します。

TOEIC®のスコアアップのために何を勉強すればよいかは分かったが、どうやって勉強すればよいのかも知りたい、という方はぜひ無料カウンセリングにお越しください。英語力を様々なテストで診断し、あなたに合ったTOEIC®の勉強方法をご説明いたします。

無料カウンセリングについて詳しく見る

関連記事