1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)
  4. TOEICスコアで就活無双!必要点数やアピール方法まとめ【大学生必見】
TOEICスコアで就活無双!必要点数やアピール方法まとめ【大学生必見】

TOEICスコアで就活無双!必要点数やアピール方法まとめ【大学生必見】

「就活で有利になる資格」としてよく挙げられる資格がTOEICです。TOEICスコアを持っていれば就活で敵なし、無双できるといった声も耳にします。

そこで本記事では、以下の内容について解説します。

  • TOEICスコアを取得すれば就活で無双できる?
  • TOEICスコアが就活における抜群の自己アピールになる理由

就活中の大学生でTOEICについて気になっている方は必見です。

TOEICスコアを取得すれば就活で無双できる?

TOEICはリスニング100問、リーディング100問、合計200問の試験です。990点満点で、英検のように合否はありません。受験すれば必ず5〜990のスコアを取得できます。

英語の資格といえば、高校までは英検が最も有名です。しかし大学生や社会人になると、多くの方が英検よりもTOEICを受験するようになります。これは、英検の試験内容が、学校教育のカリキュラムに準拠しているのに対し、TOEICはビジネス英語に関する試験であることが理由です。

TOEICを英検に換算すると?どちらを受けるべき?違いを解説

「TOEICスコアを取得すれば就活で無双できる」と大学生の間でたびたび言われていますが、確かにそれは本当です。

ただし最低でも600点以上のTOEICスコアが必要

ただしTOEICスコアさえ取得していれば、スコアにかかわらず就活で無双できるわけではありません。TOEICスコアを就活で活かすためには、最低でも600点以上のTOEICスコアが必要です。なぜならTOEICの平均点は毎回580点前後だからです。つまりTOEIC600点は、平均より上の英語力を有していることの証明になります。

またTOEICの受験者は日常的に英語を学習している方ばかりです。つまりTOEIC600点は、英語学習者の中で平均以上のスコアであり、日常的に英語を学んでいないTOEIC非受験者も含めると、より高い英語力を有していることになります。

TOEICには公開テストとIPテストがあります。IPテストとは、塾や学校などで行われる団体試験専用のTOEICテストのことです。IPテストは普段英語を学んでいない方も受験するため、平均点が低くなります。また認定証も発行されません。就活でTOEICスコアを活用したい方は、TOEICIPテストではなく、TOEIC公開テストを受けましょう。

TOEIC平均点まとめ!学生・社会人それぞれ解説

まずはTOEIC公開テストで600点を目指してください。TOEIC600点の取得方法に関しては以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:TOEIC600点を取るための勉強法は?英語初心者がやるべきことを解説 

TOEIC600点を取るための勉強法は?英語初心者がやるべきことを解説

TOEICスコアは面接で必ず聞かれる

TOEICスコアを履歴書やエントリーシートに記載すると、必ずと言っていいほど面接官にTOEICに関して聞かれます。就活では毎回自分の特技や大学時代に頑張ったことを聞かれます。特にボランティアやゼミ活動などでアピールできるものがない場合は、特技や大学時代に頑張ったことを考えるのは大変ですよね。

しかしTOEICスコアを取得して、履歴書やエントリーシートに記載していれば、ほとんどの確率で面接官に聞かれるので、自分の特技や大学時代に頑張ったことをアピールできます。

これは英語を使わない企業でも同様です。確かに英語を使わない企業では、TOEICスコアや英語力は直接的には役に立たないかもしれません。しかしTOEICスコアを取得しているということは、努力ができる、計画的に学習できることの証明になります。よって企業が求める人材とマッチし、英語を使わない企業でも有利になります。

TOEICは英語を学んでいない人ですら知っている試験

TOEICは英検と並んで日本で最も知名度が高い英語資格試験です。また漠然と、英検は学校で受ける試験、TOEICは大学生や社会人が仕事のために受ける試験、という印象を持っている方が多いです。

マイナーな資格だと、面接時に面接官に「これってどんな資格?」と聞かれることもあります。例え難関資格だとしても、面接官がその難しさを知らなければ、就活では役に立ちません。

一方TOEICは、英語を学んでいない人ですら知っている有名資格なので安心です。面接を担当する面接官なら100%知っていると言っても過言ではないでしょう。

TOEICスコアが就活における抜群の自己アピールになる理由

TOEICスコアが就活における抜群の自己アピールになる理由は3つあります。

大学生でTOEIC高得点を取得している人は少ないから

TOEICは大学生の多くが受験する英語資格試験です。しかし受験者が多いからといって、高得点取得者がたくさんいるわけではありません。
TOEICの平均点は580点前後だと解説しました。しかし大学生のTOEIC平均点は、562点です。つまりTOEIC受験者全体の平均点よりも少しだけ低くなります。TOEIC600点を取得していれば、大学生のTOEIC平均点よりも40点近くも上ということになります。
高得点取得者が多くない大学生のうちにTOEIC高得点を取得しておくことで、自分の市場価値をさらに高めることができます。

今後あらゆる企業で英語が必要になるから

今後は、これまで英語を必要としていなかった企業でも、英語が必要になることが予想されます。理由は以下の3つです。

  • 海外とより簡単にやりとりできるようになったから
  • 今後は外国人労働者が増えるから
  • 日本の人口はこれからも減少していくから

これまでは海外に出向いて商談を行う必要がありました。しかし最近ではZoomなどのビデオ通話サービスを利用して気軽にビデオ会議が行えるので、国内にいながら海外の企業と商談をすることも可能です。

また日本は今後人口が減っていくと予想されています。労働力を補うためには、海外から人材を取り入れなければなりません。そして必ずしも彼らが日本語を話せるとは限りません。また日本の市場が縮小していくのなら、海外市場にも目を向ける必要が出てくるでしょう。

英語ができる人材を一から育成するのは大変だから

企業が社員の英語力を育成するのには、長い時間と高いコストがかかります。企業は英会話レッスンの受講料を補助したり、企業に英会話講師を招いたりすることで、社員の英語力の育成を測ります。
もしくは昇進や昇給の条件に一定以上のTOEICスコアを設けている企業もあります。通勤電車の中でTOEIC対策をしている会社員をよく見かける方も多いのではないでしょうか。

しかしこれまで全く英語を学んでいなかった会社員が英語を一から習得するのは簡単なことではありません。普段仕事で忙しく、休日は疲れて寝ていたり、家族で出かけたりする方なら尚更です。

そこで、新卒時点で英語がある程度できる人材は、企業からも重宝されます。そして一定レベル以上の英語力を証明できる英語資格がTOEICです。もちろん一人ひとりに英会話の試験を行った方が、より正確な英語力を測れます。しかしそれには人件費などのコストがかかります。
よって一眼で英語力を証明できるTOEICスコアを取得していれば、就活での自己アピールになります。

TOEICスコアをうまく活用して、就活を成功させよう

TOEICで600点以上のスコアを獲得すれば、就活で有利になります。また700点や800点を取得すれば、就活で「無双」することも可能でしょう。まずはTOEIC600点を目指すべきですが、すでに600点を取得している方は、さらに上の点数も目指してみてください。
TOEICスコアをうまく活用して、就活を成功させましょう。

TOEICスコアアップを効率的に実現したいという方は、コーチング英会話TORAIZ(トライズ)のTOEIC対策プログラムがおすすめです!現状分析からあなたに合ったTOEICスコアアップのための学習計画とサポートがトライズで受けられます。TOEICのスコアが必要な方は、ぜひトライズにお越しください。

TOEICの次は英語を話せるようになりたい方におすすめのスクールは「トライズ」

TOEICで満足のいくスコアが出せた後、次はやはり英語が話せるようになりたい、という方が多くなっています。

そんな方におすすめなのがトライズ

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間で英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。

 

関連記事

TOEIC対策スクールのトライズ
TOEIC対策スクールのトライズ