1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)
  4. 社会人はTOEICを独学するな!失敗する理由とおすすめの勉強法を紹介

社会人はTOEICを独学するな!失敗する理由とおすすめの勉強法を紹介

英語を学ぶ社会人の多くが受験するTOEIC。TOEICは、ビジネス英語に関する内容が重点的に出題されるということもあり、国内の社会人の間で最も知名度が高い英語資格です。

「会社から受けてと言われた」「自分のスキルを上げるために受験する」などTOEICを受験する理由は様々です。

そんなTOEICを独学でなんとかしようと考える方がいますが、それはおすすめできません。「独学でもなんとかなるでしょう」と甘い考えでTOEICを受験すると、いくら時間をかけてもなかなかスコアは伸びません。

本記事では、社会人がTOEICを独学で学ぶべきではない理由や、社会人におすすめのTOEIC対策方法について解説します。

見切り発車で学習を始める前に、どうやればうまく学習できるのかを知ることで、TOEIC高得点獲得がより現実的になります。

社会人がTOEICを独学で学ぶべきではない3つの理由

何かを学習するときに、多くの方が選択する学習方法が独学です。しかし社会人のTOEIC対策において独学はおすすめできません。理由は3つあります。

使える時間が限られているから

社会人は、自由に使える時間が限られています。なぜなら平日の日中は働いているからです。例えば平日9時から17時まで仕事の場合、独学に充てられる時間は平日の仕事前と仕事終わり、休日だけです。

また残業や休日出勤があれば、独学に使える時間はもっと短くなります。仕事以外の全ての時間を勉強に充てられる訳でもないので、1日あたりの勉強時間は、1時間、長くても2時間が限界でしょう。

社会人が独学でTOEIC学習をするには、この1時間や2時間の学習時間を効率的に活用しなければなりません。そのためには自分にあった学習方法や、いつ何を学習すべきかなどを把握する必要があります。しかし教員ならまだしも、勉強方法や学習のメカニズムに関する専門知識がない方が、自分にあった学習方法を独学で見つけるのは困難です。

周りの誘惑があるから

独学の場合、周りの誘惑に流されやすくなってしまいます。なぜなら学校の先生や家庭教師のように、学習を強制してくれる存在がいないからです。

帰宅してついつい寝る時間までテレビをみてしまったり、「今日は残業したから明日勉強しよう」と先伸ばしにしてしまうこともあるはずです。

これまで受験勉強や資格勉強を独学で行い、うまくいった経験がある方は、TOEICも独学でうまくいくでしょう。しかしそういった経験がない方は、TOEICの独学もうまくいかない可能性が高いです。

独学で自由に学習するのではなく、スクールなど学習を管理してくれる環境が必要です。

客観的に状況を整理できないから

TOEICでは、自分の間違いや苦手を正確に把握し、それに対して的確な対策を行うことが大切です。そのためには、客観的に自分の状況を把握する能力が求められます。

もし間違った学習方法のまま学習を継続してしまえば、その分学習時間が無駄になってしまいます。

独学で自己流で学習するのではなく、自分に必要な学習は何なのか、自分以外の人に確認してもらうべきです。

社会人は早いうちにTOEICスコアを取得しておくべき

ここまで読んで「独学はやめた方がいいならどうすればいいの?」「独学がダメならTOEIC受験をやめようかな」と思った方も多いのではないでしょうか。

しかし社会人はできるだけ早くTOEICスコアを取得しておくべきです。理由は3つあります。

昇進や海外駐在の条件になる

TOEICはビジネス英語に関する試験の中で、国内No. 1の信頼性があります。社内で英語力を測る指標として、TOEICスコアが用いられることは、珍しいことではありません。

昇進や海外駐在の条件として、TOEICスコアの取得義務付けられている企業も多いです。通勤電車内でTOEICの参考書をパラパラしている会社員の方も多いですよね。

昇進したい、海外駐在員になりたいという方は、TOEICスコアを取得しておくべきです。

転職に役立つ

TOEICスコアは、新卒就活のみならず、転職でも役立ちます。転職では、即戦力が求められる傾向にあるため、求められるTOEICスコアも高くなります。

現在多くの企業が英語ができる人材の育成に力を入れていますが、英語ができる人材の育成は簡単なことではありません。企業は、英語学習費用の一部を負担したり、企業に講師を招いたりしていますが、それでも英語ができず人材はなかなか育たないのが現状です。

そんな中TOEIC高得点を取得している人材は、転職市場でも有利になるはずです。

自分の可能性が広がる

TOEICスコアを取得して英語力が上がれば、自分の可能性が広がります。「英語ができれば〇〇をしたい」と、英語ができないことを理由に諦めていることもあるのではないでしょうか。

また英語ができれば海外に行っても困りませんし、英語で情報収集もできるようになります。

実は普段我々が得ている情報は、日本で発信された情報か、海外で発信された情報を日本語に訳したものだけです。そして海外の情報全てが日本語に翻訳される訳ではありませんし、翻訳にはタイムラグがあります。

英語の情報にもアクセスできるようになれば、世界の情勢やトレンドなどにもいち早く触れることができ、ビジネスにも活かせるはずです。

社会人は英語コーチングスクールでTOEICを学ぶべき

社会人はTOEICを受験すべきですが、独学でTOEIC学習をするべきではありません。ではどうすれば良いのか?答えは英語コーチングスクールです。

英語コーチングスクールとは、英会話教室とは異なり、専属のコーチやコンサルタントが自宅学習のサポートをしてくれるサービスです。具体的には日々の学習の進捗をラインやメールなどで報告したり、学習カリキュラムをたててくれたりします。

関連記事:英語コーチングとは?メリット・デメリットを解説 | ENGLISH TIMES

英語コーチングなら短時間で最大限の効果を発揮できる

英語コーチングスクールでは、はじめにカウンセリングを行います。カウンセリングで目標や学習に充てられる時間などのヒアリングを行い、あなたに最適化された学習プランを立案します。

多くの社会人は、1日に1時間〜2時間の学習時間を取ることが限界です。この限られた学習時間の中で最大限に効果を発揮するには、自分にあった学習方法が不可欠です。

英語コーチングなら学習をサボれない

独学で問題なのが、誘惑に負けて学習をサボってしまうことです。学習を強制してくれる先生のような存在がいないので、自分の意思が弱ければ学習をサボってしまいます。

しかし英語コーチングスクールでは、学習をサボりにくい環境が整っています。スクールにもよりますが、毎日何をどれくらい学習したのかを、LINEや独自ツールで報告しなければなりません。また月に複数回カウンセリングもあります。

学習をサボったからといって怒られることはありませんが、「コーチがいるから学習をしなきゃ」とある種の強制力が働き、忙しい社会人でも学習を継続できます。

まとめ

社会人のTOEIC独学について解説しました。結果として社会人のTOEIC独学はおすすめできません。なぜなら社会人は限られた時間でTOEIC対策をしなければならないからです。

限られた時間でTOEIC対策を行い、目標スコアを達成するには、英語コーチングスクールがおすすめです。英語コーチングスクールでは無料カウンセリングを行っているので、是非試してみてください。

TOEIC対策スクールの「トライズ」では2ヶ月間のTOEIC専門コーチングカリキュラムが用意されています。短期間でTOEICスコアを上げて、キャリアアップや就職に役立てたいという方は、トライズをおすすめします。
無料カウンセリングも行っています。以下より詳細をご確認ください。

TOEICの次は英語を話せるようになりたい方におすすめのスクールは「トライズ」

TOEICで満足のいくスコアが出せた後、次はやはり英語が話せるようになりたい、という方が多くなっています。

そんな方におすすめなのがトライズ

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間で英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。

 

関連記事