1. HOME
  2. ブログ
  3. TOEIC(R)
  4. 【必見】TOEICリスニング対策のおすすめ勉強法とスコアアップ法まとめ!
【TOEIC】リスニングパートのおすすめ勉強法&対策法まとめ

【必見】TOEICリスニング対策のおすすめ勉強法とスコアアップ法まとめ!

独学でTOEICの対策を行っている方は、誰もが一度はこのような悩みを抱えたことがあるでしょう。

  • 習ってきた発音と本来の発音が違いすぎる
  • 全然スピードについていけない
  • リスニング力をあげるには何をしたらいいのか

実際に多くのTOEIC受験者が、リスニングに苦手意識を持っています。

そこで今回は、TOEICのリスニングスコアをあげるための勉強法&対策法をまとめていきます。ぜひ参考にしてみてください。

TOEICリスニングパートの特徴とは?

TOEICのリスニングでハイスコアを狙うには、セクションごとの特徴や出題される問題の傾向をある程度抑えておく必要があるでしょう。こちらの項目では、それらを改めて確認しておきましょう。

  • 速さはネイティブの会話よりも若干遅く、聞き取りやすい
  • リーディングセクションで使われる単語よりも簡単なワードがほとんど
  • アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの英語が使われている
  • 基本的には1度しか流れない

ご存知でしたか?このように見ると「あまり難しいことは言ってないんだな」ということがなんとなくわかりますよね。ただ、国ごとで異なる少しの訛りやスピード感の違いには注意したいところです。

なぜTOEICリスニングが聞き取れないのか

ではそもそも、なぜリスニングを聞き取ることができないのでしょうか?いくつか原因を探っていきましょう。

TOEICリスニングが苦手な理由①:単純に音を聞き取る基礎力が弱い

『RとL』や『VとB』など…英語には日本人に慣れない発音がたくさん出てきますよね。しかしこのような音を聞き取る力が弱いと、リスニングのスコアアップは難しいでしょう。

さらに、言葉と言葉がつながった時の発音のルールも合わせて理解しておきたいところです。例えば、「get」の発音は「 ゲット」ですよね。しかしここに単語がプラスされ、「get up」となった場合、読み方は「ゲラップ」となるんです。「t」と「up」が連結することで音は変化してしまうんです。

TOEICリスニングが苦手な理由②:国ごとの英語の訛りにイマイチついていけない

先ほどの項目で、TOEICにはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアの4か国の英語が使われていると解説しました。中にはこれらの訛りの違いに苦手意識を持っている方もいるでしょう。さらにあまり強い訛りでないとはいえ、これらを完璧に網羅するには、かなりの時間がかかってしまいます。

そのため、TOEICのリスニングの場合はベースとなっているアメリカとイギリス英語の違いを大まかに知っておくだけで構いません。(※訛りは奥深く面白いので、興味のある方はぜひ集中して取り組んでみるのもおすすめです。)

音声を聞き取れても、内容を理解することはできない

次に多く聞かれる悩みとして「音声を聞きながら同時に意味を理解するのが難しい」ということ。確かに、音の速さと内容理解を一致させるには多少のトレーニングが必要です。ではどうすれば良いのか?次の項目から確認していきましょう。

関連記事:目指せTOEICリスニング9割超え!上級者が実行すべき先読み術

TOEICリスニングおすすめ勉強法4選

では早速おすすめの3つの勉強法をみていきましょう。

TOEICリスニング勉強法①:ディクテーション

ディクテーションとは、聞いた英語の音声を紙に書きとるトレーニングのことです。ディクテーションを行うことで、一文の中でどの程度聞き取れているのか、時制まで認識できているかなど、自分のレベルを知ることができます。手順は以下の通りです。

  1. TOEICの英文音声を流す
  2. 聞こえてきた英語を書く(タイピングでもOK)
  3. スクリプトを確認する
  4. 全ての文や単語が理解できたらもう一度聞いてみる

はじめの時点でなかなか聞き取れない場合は、3〜4回ほど繰り返して聞いてみましょう。英語を書き取り、「なんとか聞き取れたぞ」「意味は理解できたかも」と感じたらスクリプトを見て、どれほど聞き取れたかをチェックします。

意外と手応えがあっても、冠詞の「the」や「a」、三人称単数の「s」が抜けていませんか?このように誤魔化せないのがディクテーションの最大のポイントです。丁寧に正確な音を聞き取る力を養うことができます。

TOEICリスニング勉強法②:シャドーイング

次に紹介するシャドーイングという方法は、音声から流れる英語を追いかけるように繰り返して話すトレーニングです。英語を聞きながら内容理解をする力を養うことができます。手順は以下の通りです。

  1. はじめるまえに何度か音声を聞いて耳を慣らしておく
  2. スクリプトに目を通し、何度か読みながら一緒に発音する
  3. 大体の文章の意味と単語を理解しておく
  4. 何も見ずに、聞こえてくる英語を頼りに話す

聞こえてきた英語を無理に日本語に訳そうとする必要はありません。頭で考えていると音声に遅れてしまいます。あくまで『聞こえてきた英語をそのまま話す』ということにフォーカスして見てください。多少の間違いは気にせず、スピードに慣れていくことが大切です。

リスニング力はもちろん、これはスピーキングにも役立つトレーニングです。暗記するほど何回もリピーティングすることで、次第に実戦でも使える英語になりますよ。

最強のTOEIC® L&R TEST勉強法?シャドーイングの極意

TOEICリスニング勉強法③:発音矯正

発音矯正は、リスニング力を向上させる上で欠かせない対策です。というのも、脳は自分で発音できない音を認識することができません。しかし逆を言えば、正しい発音方法を身につけてしまえば、脳は英語を音として認識してくれるようになるのです。

また、音以外にも次の点を意識してみると、より発音がよくなるかもしれません。ぜひ頭に入れておきましょう。

  • リズム
  • イントネーション
  • 英単語がもつアクセント

英会話や音声を聞いていると、日本語よりもリズムや抑揚があると感じませんか?例えば「I remember exactly where I was… 」という文章があったとき、ネイティブは「exactly」に力を入れて発音することが多いんです。

このように、少しイントネーションや強弱を意識して話す&聞くだけで、英語はより聞き取りやすくネイティブらしくなります。ぜひお試しください。

TOEICリスニング勉強法④:オーバーラッピング

余裕のある方は、上記の発音矯正を取り入れた上でオーバーラッピングにも挑戦してみましょう。オーバーラッピングとは、スクリプトをみながら音声と同時に発音をするトレーニングです。

少しシャドーイングと似ていますが、こちらはスクリプトが手元にある状態なので、よりスピードについていきやすいのが特徴です。何よりTOEICのリスニングのスピードをそのまま体感できるのがメリットと言えるでしょう。

現状で、「早くてついていけない」「スピード感に慣れることができない」と感じている方におすすめです。

TOEICリスニングの勉強の注意点

最後に、TOEICの勉強を進める上での注意点を解説します。

語順を意識して進める

シャドーイングやオーバーラッピングでは、自分でも文章を発音すると解説しました。しかしこの時、頭のなかで語順をぐちゃぐちゃに入れ替えてはいけません。「I want to

go back home.」という文があったら、このままの語順で「私は/したい/帰る/家に。」と意味を理解するのです。つまり、よく言う「英語脳」という状態で聴き進めることが大切です。

頭の中で単語を入れ替えているうちに、音声はどんどんと流れていってしまいます。TOEICの音声は基本体に1回しか流れないので、これを聞き逃すわけにはいかないのです。

関連記事:リスニングセクション攻略がTOEICを制す!高得点を取る方法を解説

TOEICリスニングを得意パートにブラッシュアップ

今回は、リスニングパートの勉強方法をご紹介しました。普段の学習の中に、ぜひディクテーションやシャドーイングを取り入れてみてください。

たくさんの英語を聞き、自分でもコピーしたり発音できたりするようになることで、リスニング力は着実に向上しますよ。

短期でTOEICスコアを上げるにはトライズがおすすめ!

毎日学習しなければならないと分かっていても、自分をコントロールして毎日学習を継続するのは難しいです。そこでおすすめなのが英語コーチングのTORAIZ(トライズ)です。

英語コーチングとは、コーチがあなたの学習カリキュラムやスケジュールの作成、モチベーションの維持、勉強法の指導などあらゆる面でサポートしてくれるサービスです。

トライズでは、コーチと二人三脚で目標に向かって突き進むので、一人で独学するよりも確実ですし心強いです。実はほとんどの英語コーチングスクールでは英会話に関するカリキュラムしか用意されていません。しかし「トライズ」では2ヶ月間のTOEIC専門コーチングカリキュラムが用意されています。

TORAIZ(トライズ)のTOEIC対策プログラムとは?特徴を解説

無料カウンセリングも行っています。以下より詳細をご確認ください。

TOEIC対策スクールのトライズ

TOEICの次は英語を話せるようになりたい方におすすめのスクールは「トライズ」

TOEICで満足のいくスコアが出せた後、次はやはり英語が話せるようになりたい、という方が多くなっています。

そんな方におすすめなのがトライズ

トライズは、日本人コンサルタントとネイティブコーチが専属でサポートしてくれる、英語コーチングスクール。レッスンは週3回確保される上に受け放題。マンツーマンの面談やメールで日々サポートも受けられて、他のスクールとは一線を画す本格的なプログラムになっています。

「短期間で英語が話せるようになりたい」という方には、おすすめのスクールです。

受講生のインタビューもご紹介します。

           トライズ修了生杉沢伸章さんの画像

トライズでの1年は、
一生につながる1年だったと思います。

プロキャディ杉澤伸章さん

インタビュー

Versant 29 → 40

目標:海外選手に英語でインタビューする。達 成

英語に関しては、1年前の僕と今の僕を比較すると、めちゃくちゃ成長しました。僕にとって情報源がものすごく増えたんです。 ゴルフ専門チャンネルで解説をしているのですが、そのときに現地の音声や解説者の声など英語でしゃべってくる音声が全て聞こえてきます。

それはテレビでは放送されていないのですが、映像だけでは入ってこない情報が耳から入ってくるので、それを聞きながらしゃべっています。 現地のリポーターや解説者は一番リアルな情報なので、それが耳に入ってくることによって、例えば解説でも「今、現地ではこういうことを言っていますね」ということが、スッと言えるようになりました。

 

関連記事

TOEIC対策スクールのトライズ